FiiO 『FW3』 画像など ~下位モデルでもAK4332/QCC5141搭載やaptX Adaptive/LHDC対応の完全ワイヤレスイヤホン

FiiO_FW3_05b.jpg


海外で発売されているFiiOのイヤホン「FW3」。
FW5」の下位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホンで、FW5が2BA+1DDドライバーなのに対しこちらは1DDドライバーと下位らしい部分もありますが、AK4332/QCC5141搭載やaptX Adaptive/LHDC対応といった点はFW5と共通の仕様。ちょっと見てみます。

【公式サイト】HiFi True Wireless Bluetooth Earbuds



FiiO_FW3_06.jpg


FiiO_FW3_07.jpg


FiiO_FW3_08.jpg


FiiO_FW3_09.jpg


FiiO_FW3_10.jpg


FiiO_FW3_11.jpg


FiiO_FW3_12.jpg


FiiO_FW3_13.jpg


FiiO_FW3_14.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:aptX Adaptive/aptX/AAC/SBC/LHDC、連続再生時間:約7時間、充電時間:約1時間40分、ドライバー:10mm径ダイナミック型、感度:106 dB/mW、インピーダンス:32Ω、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、重量:6g(イヤホン)/57g(イヤホン+ケース)、という仕様。カラーはインターステラーグレー・ムーンライトホワイトの2色。付属品はイヤーピース6セット・USBケーブル。

Qualcomm QCC5141のBluetoothチップ搭載、AKM製のDAC・AK4332を独立構成で搭載、カーボンベースの振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、誤タッチゼロを謳う4つの物理ボタン、Snapdragon Sound対応、遅延を100ms未満に抑えるゲーミングモード、最大21時間再生を可能とするバッテリーケース、10バンドPEQなどカスタマイズ性に長けたFiiO Controlアプリ、などが特徴。

投稿されていた製品レポートを参考にすると、音の傾向は同じドライバーを使った有線モデル「FD11」(AA)とよく似ている、上位のFW5に比べると暖色系のサウンドで音質自体は劣ると思うが万人受けしそうなのはこちらかも、アプリの10バンドPEQは音の調整が細かく深くできて今まで使ってきた中では一番優秀、見方によってはFW5から余計なものを省いて価格も抑える事ができた良品、とのこと。

価格は中国の公式ストアだとFW5の半額以下になる499人民元(約9,800円)。ここまで安いと上下の差は相応にあると思いますがドライバー以外の主要パーツをはじめ共通点は多いですし、価格を考えるとコストパフォーマンスは大いに期待できそう。仮に日本でも発売されるとして価格が上記より何割か高くなっても、その価格帯でいい勝負ができると思いますね。

【関連記事】『FiiO FW3』 レビューチェック ~上位モデルと同じAK4332/QCC5141搭載でLDACも一応対応の完全ワイヤレスイヤホン