FiiO、製品が出回りだした90mm平面磁界型ドライバーと特徴する第2作目のヘッドホン『FT5』

FiiO_FT5_01.jpg


海外で見かけたFiiOのヘッドホン「FT5」。
FT3」に続く第2作目となるヘッドホンはナンバリング的にも価格的にも上位の存在で90mm平面磁界型ドライバーを主な特徴とする開放型モデル。夏ごろに日本のイベントでも出展されていたもので当時は発売日・価格とも未定になっていましたが、拠点の中国では製品が出回りだしたようです。

【公式サイト】90mm Open Planar Magnetic Headphones FT5



FiiO_FT5_02.jpg


FiiO_FT5_03.jpg


FiiO_FT5_04.jpg


FiiO_FT5_05.jpg


FiiO_FT5_06.jpg


FiiO_FT5_07.jpg


FiiO_FT5_08.jpg


FiiO_FT5_09.jpg
(via weibo)

6μmの極薄ダイヤフラムや20個のネオジム磁石を採用した90mm平面磁界型ドライバー、最大限のポテンシャルを発揮するオープンバック音響構造、軽量マグネシウムアルミニウム合金ハウジング、快適な装着感を実現する3軸可動デザイン、392本のワイヤーで作られた高純度銀メッキ単結晶銅ケーブル、4種類の交換可能なオーディオプラグ付属、2種類のイヤーパッド付属、レザー製キャリングケース付属、主な仕様・特徴は以上。

価格はAliExpressで運営している公式ストアだと日本円表示で現在70,000円弱。詳しくレポートしている人はまだ見かけませんでしたが、入手した人によればクラシックやオーケストラを聴くにはとても良く価格以上の出来と言えるとのこと。冒頭で述べたとおり日本でもイベント出展がありましたしFiiOの新製品が次々に発売されている近況を考えると、そう遠くないうちに動きがあるのではないかと。価格は上記より割増しになると思います。

【関連記事】『FIIO FT5』レビューチェック ~第2作目で上位モデルとなる90mm平面磁界ドライバーの開放型ヘッドホン