FiiO、日本発売が決まった新エントリークラスの1BA+1DDドライバー有線イヤホン『FH11』

FiiO_FH11_12.jpg


2023年9月に発売されるFiiOのイヤホン「FH11」。
FD11」の続く新エントリークラスの位置付けとなる有線イヤホンで、こちらは1BA+1DDのハイブリッドドライバーや3チャンバー構造などを特徴としているモデル。拠点の中国でも今月に入ってから出回りだした新製品ですが、日本でも9月1日に発売が決まったようです。

【公式サイト】FH11 – FIIO Japan



FiiO_FH11_13.jpg


FiiO_FH11_14.jpg


FiiO_FH11_15.jpg


FiiO_FH11_16.jpg


カーボンベースダイヤフラム10mm径ダイナミックドライバー+カスタムBAドライバーのハイブリッドドライバー、各ドライバーの能力を最大化する3チャンバー構造、ハイブリッド型でもシームレスな音色を実現した周波数特性、豊かな低域を実現するC字型音響管構造、亜鉛合金製ハウジング、独自形状の0.78mm 2pinコネクター採用、無酸素銅素線120本x4本編みのケーブル、バランス重視イヤーチップ・低音重視イヤーチップ各3セット付属、主な仕様・特徴は以上。

価格は発売前の現時点だと8,800円で予約受付中。FD11との比較も含めた製品レポートを参考にすると、FD11に比べて低域の量感は控えめだが高域の表現・音場の広さ・音の情報量や分離感はより優れている、ボーカル重視の人には特におすすめ、FD11もFH11もそれぞれエントリークラスとしてはかなり優秀、とのこと。個人的に日本での価格は10,000円前後だと思っていたので安く抑えてきたところも好印象ですね。また、このモデルは以前に投稿した記事でも取り上げているのでそちらも参考にどうぞ。