FiiO、エントリーモデルでもPU+ベリリウムドライバーやリケーブル対応を特徴とするインナーイヤー型イヤホン『FF1』

FiiO_FF1_01.jpg


海外で見かけたFiiOのイヤホン「FF1」。
FF5」「FF3」の下位モデルであり同シリーズのエントリーモデルとなるインナーイヤー型(イントラコンカ型)イヤホン。見た目は上位の2つと違っていかにもエントリーらしい作りになっていますが、PU+ベリリウムドライバーやリケーブル対応などエントリーらしからぬ特徴を備えています。

【公式サイト】Detachable cable beryllium-plated driver earbuds FF1



FiiO_FF1_02.jpg


FiiO_FF1_03.jpg


FiiO_FF1_04.jpg


FiiO_FF1_05.jpg


FiiO_FF1_06.jpg
(via weibo)

快適性を追求して設計されたインナーイヤー型のイヤーシェル、PU+ベリリウムメッキ振動板を採用した14.2mm径ダイナミックドライバー、より純粋な高品質の低音を提供する音響抵抗パイプ、0.78mm 2pinコネクター採用のケーブル着脱式、インラインリモコン/マイク搭載のケーブル付属、スポンジカバー2種/計6セット・シリコンリング2種/計2セット・シリコンウイング1セット・3.5mm→USB-Cアダプター付属、ブラック・シルバーの2色、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:106dB/mW、インピーダンス:40Ω、重量:約3.2g、主な仕様・特徴は以上。

見た目はややチープで安く売っていそうなインナーイヤー型イヤホンという印象ですが、安いインナーイヤー型でベリリウムとかリケーブル対応を特徴とするものはなかったと思いますし、かつエントリーモデルでも付属品は揃うものが揃っている充実ぶり。インナーイヤー型自体が相変わらずニッチと言えるタイプな事もあって、その特徴がより魅力的に映るでしょうか。価格は中国の公式ストアだとFF3の1/3以下となる設定。日本で発売されるとしたらそれを目安に単純計算で5,000~6,000円の範囲。そのうち発売されると思います。

【関連記事】『FiiO FF1』 レビューチェック ~エントリークラスでも見どころ満載で付属品も充実のイントラコンカ型イヤホン