FiiO、ベリリウムドライバーを採用したハイエンドクラスのインナーイヤー型イヤホン『EM5』

FiiO_EM5_01.jpg


海外で見かけたFiiOのイヤホン「EM5」。
同社のインナーイヤー型イヤホンといえばエントリークラスと言えるEM3Kが一つだけありましたが、これはその20倍近い価格設定になっているハイエンドクラスのモデル。高いだけあって相応のパーツが各部に使われているようです。

FiiO--Born for Music
https://www.fiio.com/Home





FiiO_EM5_02.jpg


FiiO_EM5_03.jpg


FiiO_EM5_04.jpg


FiiO_EM5_05.jpg


FiiO_EM5_06.jpg


FiiO_EM5_07.jpg


FiiO_EM5_08.jpg


FiiO_EM5_09.jpg


FiiO_EM5_10.jpg
(via baidu)

ベリリウムコーディングの14.2mm径ダイナミックドライバー、高純度の純銀製オーディオケーブル、第4世代DLP 3Dプリンターテクノロジーを導入して設計されたイヤーシェル、2.5mm/3.5mm/4.4mmの3タイプに対応する着脱式プラグ、ノーマル・ベース・バランスの3タイプから選べるフォームイヤーチップ、再生周波数帯域:10 - 20,000Hz、インピーダンス:32Ω、感度:109 dB/mW、ケーブル長:1.2m、重量:23.9g、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国にあるオフィシャルストアだと1,998人民元(約30,000円)。前述のとおりFiiOはインナーイヤー型イヤホンの実績はありますが、該当するEM3Kが98人民元(約1,500円)という低価格だったので次元が違うハイエンドクラスの登場に驚いた人は多いのではないかと。ちなみに中国では「FA7」(AA)と同じ価格設定になっていますから、仮に日本でも発売されるとしたら40,000円台でしょうか。それと発売されるとしても直販限定になりそうです。




FiiO
売り上げランキング: