FiiO、最高峰Bluetoothレシーバーのスカイブルーモデル『BTR5 天空之境』

FiiO_BTR5_Blue_01.jpg


2020年1月に発売されたFiiOのレシーバー「BTR5」。
フラッグシップのBluetoothレシーバー/ワイヤレスヘッドホンアンプで、最高峰の出来だと各所で評されていましたが日本では品薄で入手困難になっている状況。そんな中、拠点の中国では同社で珍しいカラーバリエーションモデルが出るようです。

【レシーバー】FiiO 『BTR5』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-10399.html





FiiO_BTR5_Blue_02.jpg


FiiO_BTR5_Blue_03.jpg


FiiO_BTR5_Blue_04.jpg


FiiO_BTR5_Blue_05.jpg


FiiO_BTR5_Blue_06.jpg
(via weibo)

中国での製品名は”BTR5 天空之境”でスペックは通常モデルと変わっておらず、違いはカラーリングのみ。そのカラーリングは裏表が淡い青のスカイブルーで側面がシルバー。ブラック一色だった通常モデルはディスプレイの枠やNFCのマークが見えにくくなっていましたが、こちらははっきりと見える外観に。発売日・価格等はまだ明らかにされておらず。限定版と記されていたので中国だけでしか出回らない可能性も。同社のBluetoothレシーバーはエントリークラスを除けばすべてブラックだったので、このカラーバリエーションモデルは目新しさがあり。また、他社のハイエンドクラスもブラックばかりでしたからカラーバリエーションが出ること自体が珍しいかと。それほど人気で売れているって事かもしれませんね。




FiiO
売り上げランキング:254