『FIIO BR13』レビューチェック ~10,000円台で買えるコンパクトサイズのBluetoothレシーバー兼USB DAC

FiiO_BR13_review_check_01.jpg


2023年12月に発売されたFiiOのUSB DAC「BR13」。
コンパクトサイズになっている据え置き型のBluetoothレシーバー兼USB DACで、QCC5125のBluetoothチップやES9018K2MのDACチップを搭載、それに「K11」と同じくディスプレイ搭載も特徴としているモデル。Bluetooth機能に関しては「BTA30 Pro」と違って受信のみですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】BR13 – FIIO Japan

画像


FiiO_BR13_review_check_02.jpg


FiiO_BR13_review_check_03.jpg


FiiO_BR13_review_check_04.jpg


FiiO_BR13_review_check_05.jpg


FiiO_BR13_review_check_06.jpg


FiiO_BR13_review_check_07.jpg


FiiO_BR13_review_check_08.jpg


FiiO_BR13_review_check_09.jpg


FiiO_BR13_review_check_10.jpg
(via weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.1
コーデック:LDAC/aptX Adaptive/aptX HD/aptX LL/aptX/AAC/SBC
DACチップ:ES9018K2M
Bluetoothチップ:QCC5125
オペアンプ:TPA1882
入力端子:同軸/光デジタル/USB Type-C
出力端子:RCA/同軸/光デジタル
サイズ:幅98x奥行き96x高さ26.5mm
重量:約135g


メディア・レビューサイト


FIIO、約1万円の据え置きBluetoothレシーバー兼USB DAC「BR13」 - AV Watch

【FiiO BR13】レビュー|高音質で多機能な据え置きBluetoothレシーバー兼USB-DAC | 鍋ログぶろぐ

FiiO BTR13: the best Bluetooth receiver? - Son-Vidéo.com: blog

FiiO BR13 Review | Ichos Audiophile Reviews

FiiO BR13 Review - Headfonia Reviews



Qualcomm QCC5125のBluetoothチップ搭載、ES9018K2MのDACチップ搭載、TPA1882オペアンプ搭載、内蔵DSPによるアップサンプリング、アルミニウム合金ボディのコンパクトデザイン、視認性の高いVAディスプレイ搭載、通信距離30mを実現するBluetooth接続バーアンテナ搭載、低遅延モード搭載、マルチポイント対応、OTAアップデート対応、FiiO Controlアプリ対応、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は海外も含めると数名いましたが、音はバランスのとれたサウンドでノイズはまったくない、Bluetooth受信はLDACなら十分良い音と言えるし接続は安定している、ディスプレイは見やすいし表示されるステータスもわかりやすい、コンパクトサイズなので置き場所には困らない、USB DACの性能は価格なりだがBluetoothレシーバーにもなるので使い道の幅は広いしトータルで考えると価格も魅力的、といった内容。

各所の反応


[1]
FIIO BR13は1万円ちょいか
これ知らなくてつい最近BTA30pro買っちゃったのよな
送信TXは使う予定無いからBR13で良かったな




[2]
DACチップはES9018K2Mか
古いけどES9038Q2Mよりこっちの方が音良いという人もいたし良いかもね




[3]
同軸以外は96KHzなのはイマイチかなあ
どうせ俺の耳には違いはわからんだろうけど




[4]
海外レビューはいい意味でFIIOらしかぬ音と言われてた
自分も聴いてきたがTHXじゃない独自アンプ回路の設計が成熟してきたのか
最新AKMチップの味を活かしてる感ある音だったな




[5]
FX-AUDIO- D302J+→FIIO BR13に変更
音質について言える知識は無いけど良くなった気がする




[6]
FIIO BR13導入

本体が軽いので頻繁に入力を切り替える人は苦痛かも
本体を押さえながらボタンを押さないと本体ごと動きます
俺の使っている同軸デジタルケーブルの固さだとそれだけで浮き気味になる

ディスプレイは大人しく光ってるタイプ
視界に入っても邪魔になりづらい
消すモードとかも選べる(常時・5分・10分・30分)
今再生しているサンプリング周波数を表示してくれるのはいい
ただしBluetooth接続では表示されない

ESSチップとの相性問題が回避できる点はとても魅力
K9 Pro ESSと併用したが一度も不具合は起きていない




[7]
BR13購入したんだけどこれすごいわ
今までSBCしか対応してないBluetoothレシーバー使ってたけど
radikoとか聴いてると気になってたノイズが一切なくなった
質の悪いMP3みたいなノイズはSBCかレシーバー自体が原因だったのかと




[8]
FiiO BR13は安い割に音良くて接続かなり安定してるので満足



[9]
FiiO BR13設置完了
音の傾向はBTA30 PROと同じだけど音場が広いかも
ドンシャリ傾向で特に高音域でより細かく色々と聴こえてくる気がする
価格を考えたら悪くないよ






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。USB DACとしては「FX-AUDIO- D302J+」(AD)みたいな古い機種から乗り換えだとこちらの方が音は良いと感じる、Bluetoothレシーバーとしては高音質コーデックが使えなかったものから乗り換えだと格段に良くなったし接続も安定している、ディスプレイは見やすい輝度で表示もわかり安く時間設定で消灯もできる、本体が小型かつ軽量だがボタンを押す際に動く事もあるし使用するケーブルによっては浮く事もあるので一長一短、Bluetooth送信が不要ならBTA30 Proではなくこちらでも良い、といった内容。

「BR13」は現在10,000円台の価格で販売中。BTA30 Proとの価格差は倍以上も開いているので普通に考えたらBluetooth送信を抜きにしても劣っている点がいくつかあると思いますが、Bluetooth送信が不要でヘッドホンアンプも不要でなるべく安く済ませたいならむしろこれが最適解の選択肢になりそう。USB DACとしては数千円くらいの機種から乗り換えるのであればジャンプアップになるようですし、用途次第・予算次第ではこの一択になるかもしれませんね。