FiiO、割安だけどトランスミッター機能はないBluetoothレシーバー兼USB DAC『BR13』

FiiO_BR13_01.jpg


海外で見かけたFiiOのレシーバー「BR13」。
BTA30 Pro」が日本でも高い人気を得ていたFiiOが新たなBluetoothレシーバー兼USB DACをリリースした模様。QCC5125のBluetoothチップやカスタムLCDスクリーンの搭載など価格の割に良さげなスペックですが、肝心のトランスミッター機能は備わっていないようです。

【公式サイト】Guangzhou Feiao Electronic Technology Co., Ltd.-BR13



FiiO_BR13_02.jpg


FiiO_BR13_03.jpg


FiiO_BR13_04.jpg


FiiO_BR13_05.jpg


FiiO_BR13_06.jpg


FiiO_BR13_07.jpg
(via weibo)

Qualcomm QCC5125 Bluetoothチップ・ES9018K2M DAC・TPA1882オペアンプ搭載、独自のデジタルアップサンプリング技術、LDAC含む7つのBluetoothコーデック対応、アルミニウム合金ボディのコンパクトデザイン、カスタムLCDスクリーン・外部アンテナ搭載、アプリで7つのプリセットや2種類のパラメトリックEQが利用可能(後日対応)、低遅延モード、マルチポイント対応、OTAアップデート対応、FiiO Controlアプリ対応、インターフェイス:RCA/光デジタル入出力/同軸/USB Type-C、サイズ:98x96x26.5mm、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国の公式ストアだと現在369人民元(約7,600円)でBTA30 Proより半額以上も安い設定。ただ、BTA30 Proが人気を得ていたのはBluetooth送信できるトランスミッター機能があったからで、Bluetooth受信できるのは別に珍しくもないですしUSB DACとしては価格なりの印象を受けるこれはそこまで魅力的に映らないのが正直なところでしょうか。でもBTA30⇒BTA30 Proの時みたいに機能強化したProモデルを後から出してくる可能性はありそうですね。

【関連記事】『FIIO BR13』レビューチェック ~10,000円台で買えるコンパクトサイズのBluetoothレシーバー兼USB DAC