Fantech、パープルやグリーンのスケルトンシェルになった卵型ワイヤレスゲーミングマウス『Aria XD7 ATOMIC EDITION』

Fantech_Aria_XD7_TOMIC_EDITION_01.jpg


海外で見かけたFantechのマウス「Aria XD7 ATOMIC EDITION」。
日本では2023年3月に発売された卵型ワイヤレスゲーミングマウスのカラーバリエーションモデル。単なる色違いではなくシェルは半透明になっているスケルトン仕様でパープルとグリーン(名称はブルー)の2カラーあり。それに合わせてマイクロスイッチも変更しているようです。

【関連記事】Fantech 『Aria XD7』 レビューチェック ~現時点で最強の卵型と謳う約59gのワイヤレスゲーミングマウス



Fantech_Aria_XD7_TOMIC_EDITION_02.jpg


Fantech_Aria_XD7_TOMIC_EDITION_03.jpg


Fantech_Aria_XD7_TOMIC_EDITION_04.jpg


Fantech_Aria_XD7_TOMIC_EDITION_05.jpg



卵型フォルムの小型/軽量シェル(約59g)、2種類で交換可能なパームカバー、PixArt PAW3395センサー採用、2.4GHz/Bluetooth/USB-Cのトライモード接続、100% PTFEマウスソール採用、といった点は通常モデルと共通。カラーはご覧のとおりパープルとグリーンのスケルトンシェルになっており、マイクロスイッチはKailh製からHuano製に変更された模様(おそらくカバーが透けたHuano Blue Shell Pink Dot)。

スケルトンシェルのゲーミングマウスは結構前からありますし、有名どころだとSteelSeriesが「Aerox 3 Wireless Ghost」(AA)を出しているので珍しいわけでもなし。でも最近は中華系の間で徐々に流行りつつあってその流れが東南アジア方面にも広がっているのではないかと(Fantechはインドネシア)。マグネシウム合金シェルとは違った方向で今後のトレンドになっていきそうな気もします。