ENDGAME GEAR、PAW3395センサーになって通常版・8KHz版・RGB版の3種を出してきた有線ゲーミングマウス『OP1』

ENDGAME_GEAR_OP1_01.jpg


海外で見かけたENDGAME GEARのマウス「OP1」。
日本では2023年11月に発売された「OP1we」の有線モデルとなるゲーミングマウス。本体のサイズは変わっていませんがセンサーやマイクロスイッチは変わっており、ノーマルの通常版だけでなく8KHz対応版やRGB LED搭載&スケルトンシェルのRGB版も用意されています。

【公式サイト】Endgame Gear OP1 Gaming Mouse - Black | Endgame Gear



ENDGAME_GEAR_OP1_02.jpg


ENDGAME_GEAR_OP1_03.jpg


ENDGAME_GEAR_OP1_04.jpg


ENDGAME_GEAR_OP1_05.jpg


ENDGAME_GEAR_OP1_06.jpg



つかみ持ちに特化した軽量ソリッドシェル、PixArt PAW3395センサー採用、 Kailh GXスイッチ採用、ハイブリッドスケートデザイン、Black Flex Cord 5.0ケーブル採用、特許取得済みのアナログ技術、オプションのスイッチパックでマイクロスイッチの交換が可能、サイズ:幅60.5x奥行き118.2x高さ37.2mm、といった点は共通。重量は通常版と8KHz版が約50.5g、RGB版が51.5g。8KHz版はポーリングレート最大8000Hz対応、RGB版はRGB LED搭載&スケルトンシェル、とそれぞれの特徴があり。

カラーは通常版と8KHz版がBlack・Whiteの2色、RGB版がDark Frost・White Frostの2色。価格は公式サイトだと、通常版が54.99ドル、8KHz版が74.99ドル、RGB版が64.99ドル。有線モデルでPAW3395センサーを採用できるならワイヤレスモデルも最初からそうしとけよってツッコミが入りそうですが、もしかしたらワイヤレスの方もPAW3395センサー採用で4KHz対応みたいな強化版を後から出してくるかも。日本ではENDGAME GEARのゲーミングマウスをすべて発売しているので、そのうち取り扱うと思います。