ENDGAME GEAR、65%レイアウトでラピッドトリガーも特徴とする自身初のメカニカルゲーミングキーボード『KB65HE』

ENDGAME_GEAR_KB65HE_01.jpg


海外で見かけたENDGAME GEARのキーボード「KB65HE」。
OP1we」などこれまでゲーミングマウスをメインに展開していたENDGAME GEARが自身初となるメカニカルゲーミングキーボードをリリースする模様。65%レイアウトでGateron KS-37Bスイッチ採用、ラピッドトリガー機能やアクチュエーション0.1mmも特徴としています。

【公式サイト】Endgame Gear KB65HE Keyboard - ISO DE | Endgame Gear



ENDGAME_GEAR_KB65HE_02.jpg


ENDGAME_GEAR_KB65HE_03.jpg


ENDGAME_GEAR_KB65HE_04.jpg


ENDGAME_GEAR_KB65HE_05.jpg


ENDGAME_GEAR_KB65HE_06.jpg
(via weibo)


65%レイアウトのコンパクトデザイン、潤滑済みのGateron KS-37B磁気スイッチ採用、ラピッドトリガー対応&0.1~4.0mmで調整可能なアクチュエーションポイント、ホットスワップ対応RGBキーバックライト搭載、Duckyとのコラボで作られたダブルショットPBTキーキャップ、CNC加工のアルミニウムケース、ケーブル着脱式、付属のシリコンフィートで角度調整が可能、専用ソフトウェアあり、サイズ:幅315x奥行き108.8x高さ37.2mm、重量:1050g、主な仕様・特徴は以上。

価格は公式サイトだと現在159.9ユーロ。処女作でもGateronやDuckyのパーツを採用するなどしてトレンド的な要素は大体取り入れていて、最近のメカニカルゲーミングキーボードとして見ても申し分ない印象。また、パッケージ裏には日本語の説明も記載されているので日本での発売も期待できるのではないかと。いつ発売されるかは代理店次第ですが上記のOP1weをはじめ2023年に出た製品は海外からそう遅れる事なく発売された事を考えると、そう遠くない話かもしれませんね。