エレコム 『TK-ARMA30WH』 画像など ~テンキーレス/薄型設計のゲーミングメカニカルキーボード~

ELECOM_TK-ARMA30WH_01.jpg


2019年10月に発売されたエレコムのキーボード「TK-ARMA30WH」。
新設のゲーミングデバイスブランド“ARMA”から登場したゲーミングメカニカルキーボードで、独自のキースイッチとキーキャップを採用した事により高さ25mmの薄型を実現しているテンキーレスモデル。ちょっと見てみます。

ARMA FPSゲーミングキーボード(コンパクト) - TK-ARMA30WH
https://www.elecom.co.jp/products/TK-ARMA30WH.html





ELECOM_TK-ARMA30WH_02.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_03.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_04.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_05.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_06.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_07.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_08.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_09.jpg



ELECOM_TK-ARMA30WH_10.jpg
(via dgtle)

キーレイアウト:90キー日本語配列、キースイッチ:メカニカル、キー耐久性:5000万回、キーピッチ:19mm、キーストローク:2.6mm、アクチュエーションポイント:1,5mm、ケーブル長:約2m、サイズ:幅366.5x奥行き138.5x高さ25mm、重量:約568g、という仕様。独自設計の薄型メカニカルスイッチ採用、レッドのキーバックライト搭載、変換・無変換キーを廃してスペースキーを長くしたオリジナル配列、ゲーミングモードとチャットモードを切り替えるゲーミングモードキー搭載、一部のキーを除いてカスタマイズ可能、フルNキーロールオーバー対応、専用ソフトウェアあり、などが特徴。

キースイッチは個人的に見た事ないタイプ、”ELECOM”のロゴが刻まれているのでオリジナルなのは間違いないかと。キーストロークの数値から考えるとCherry MX Low Profileより薄い?。実機を見るにキーキャップが薄型でもフレームとの隙間はほとんどなく、キーボード自体がちゃんとした薄型になっているのは好印象。価格は割高感が否めなかった発売当時(15,000円前後)から結構値下がっており、現在9,000円台で販売中。配列など独特な部分をどう見るかは人によって違ってくるでしょうが、とりあえず言える事は前作の「ECTK-G01UKBK」(AA)よりかは見どころが多いですね。




エレコム
売り上げランキング: 149