EDIFIER、コーデックがSBCのみだけど音は割と良いと評されるエントリーシリーズの完全ワイヤレスイヤホン『X5 Lite』

EDIFIER_X5_Lite_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのイヤホン「X5 Lite」。
同社の現ラインナップでエントリークラスといえばX3 Liteが該当するのもので日本でも発売されていますが、これは同シリーズの上位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。コーデックはSBCだけという今どきの製品とは思えない・・・でも音は割と良いと評されています。

【公式サイト】True Wireless In-Ear Headphones | X5 Lite -【Edifier】



EDIFIER_X5_Lite_02.jpg


EDIFIER_X5_Lite_03.jpg


EDIFIER_X5_Lite_04.jpg


EDIFIER_X5_Lite_05.jpg
(via facebook)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:SBC、連続再生時間:約6.5時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:6mm径ダイナミック型、防水性能:IP55、4つのEQプリセット搭載、デュアルマイクとAIノイズキャンセリングによるクリアな通話品質、65msの低遅延を実現するゲームモード、EDIFIER CONNECTアプリ対応、最大26時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。価格は北米公式サイトだと現在29.99ドル。

投稿されていた製品レポートを参考にすると、音は中高音が際立っている明瞭なサウンドで音場はかなり広い、コーデックはSBCのみだが中高音重視の人にはおすすめできる、アプリのEQはプリセット選択のみ、とのこと。カタログスペックを見ただけだとゲームモードやアプリが使えるだけでもまだいいかなという印象でしたが、そういえばEDIFIERの完全ワイヤレスイヤホンは「W240TN」(AA)もSBCだけだったのに音質は好評だったので、これも良い意味で意外な出来かもしれませんね。