EDIFIER、第2作目で上位モデルとなる平面磁界型ドライバーのBluetoothヘッドホン『STAX SPIRIT S5』

EDIFIER_STAX_SPIRIT_S5_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのヘッドホン「STAX SPIRIT S5」。
2022年に発売された「STAX SPIRIT S3」に続く平面磁界型ドライバーのBluetoothヘッドホンで、ナンバリング的にもスペック的にもこちらが上位となるモデル。第2世代ののEqualMassダイヤフラムテクノロジーやaptX Lossless/LDACなどの高音質コーデック対応を主な特徴としています。

【公式ストア】【漫步者EDF200132】漫步者(EDIFIER)STAX SPIRIT S5 头戴式平板蓝牙耳机



EDIFIER_STAX_SPIRIT_S5_02.jpg


EDIFIER_STAX_SPIRIT_S5_03.jpg


EDIFIER_STAX_SPIRIT_S5_04.jpg


EDIFIER_STAX_SPIRIT_S5_05.jpg



通信規格:Bluetooth 5.4、コーデック:aptX Lossless/aptX Adaptive/aptX HD/aptX/LDAC/LHDC/AAC/SBC、連続再生時間:最大80時間、Qualcomm QCC5181のBluetoothチップ採用、第2世代ののEqualMassダイヤフラムテクノロジーを採用した平面磁界型ドライバー、シープスキン製・冷感タイプで交換できるイヤーパッド、ラムスキン製のヘッドバンド、USB-C/AUXの両方で有線接続に対応、複数のミュージックモードとゲームモード搭載、Snapdragon Sound対応、マルチポイント対応、EDIFIER Coonectアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国の公式ストアだと現在2,680人民元(約56,000円)。前作と同様にアクティブノイズキャンセリングや外音取り込み機能は搭載しておらず音質全振りと言えそうなBluetoothヘッドホン。前作の価格は1,680人民元だったので結構な高額品になりましたが、STAXの名を安売りするのは逆に良くないのと思うので好意的に捉える人が多いのではないかと。また、QCC5181採用やaptX Lossless対応はBLuetoothヘッドホンだと該当するものが他にありませんから平面磁界型ドライバー以外でも見どころが多いですね。

【関連記事】『EDIFIER STAX SPIRIT S5』画像など ~性能・機能とも進化した平面磁界型ドライバーのBluetoothヘッドホン