EDIFIER、チップ類の刷新やアプリ対応などリニューアル版となるSシリーズ最上位のブックシェルフスピーカー『S3000MKII』

EDIFIER_S3000MKII_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「S3000MKII」。
S2000MKIII」の上位モデルであり「S3000Pro」のリニューアル版になると思われるSシリーズ最上位のブックシェルフスピーカー。本体のデザインやスピーカー構成は変わっていないように映りますが、EDIFIER ConneXアプリ対応など中身は最新仕様になっているようです。

【公式サイト】Premium 2.0 Speaker System | S3000MKII -【Edifier】



EDIFIER_S3000MKII_02.jpg


EDIFIER_S3000MKII_03.jpg


EDIFIER_S3000MKII_04.jpg


EDIFIER_S3000MKII_05.jpg


EDIFIER_S3000MKII_06.jpg


EDIFIER_S3000MKII_07.jpg
(via Youtube)


平面磁気ツイーター+6.5インチ径Mid-Lowドライバーのスピーカー構成(RMS出力:8W×2+120W×2)、Texas Instruments社のXMOS XU216搭載、豊富なインターフェイス(RCA/XLRバランス/光デジタル/同軸/USB)、独自の5.8GHz帯でスピーカー間のワイヤレス接続を実現、Bluetooth 5.0でのワイヤレス接続対応(aptX HDコーデック対応)、OLEDディスプレイ搭載、EDIFIER ConneXアプリ対応、ハイレゾオーディオ認定、IRリモコン付属、主な仕様・特徴は以上。

スペックシートから察するにS3000Proの姿形そのままにチップ類を刷新してアプリにも対応したリニューアル版になるかと。同社のブックシェルフスピーカーでEDIFIER ConneXアプリ対応は先月発売された別シリーズの「ED-QR65」(AD)に次いで2つめ。価格は北米だと899.99ドルで既に販売中。高額品なので日本でも発売されるかは不明ですがS2000MKIIIが発売されているので可能性は少なからずありそうです。