EDIFIER、よりパワフルになった上位モデルのテーブルトップBluetoothスピーカー『NEW-X PRO』

EDIFIER_NEW-X_PRO_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「NEW-X PRO」。
QD35 (NEW-X)」の上位モデルとなるテーブルトップBluetoothスピーカー。クリアパーツとLEDパーツを使用した奇抜なワンボックスデザインは通常モデルと変わっていませんが、スピーカーユニットや出力が強化されていてAirPlayにも対応しているなど性能・機能は色々と変わっています。

【公式サイト】EDIFIER NEW-X PRO



EDIFIER_NEW-X_PRO_02.jpg


EDIFIER_NEW-X_PRO_03.jpg


EDIFIER_NEW-X_PRO_04.jpg


EDIFIER_NEW-X_PRO_05.jpg


EDIFIER_NEW-X_PRO_06.jpg


公式サイトの製品情報には通常モデルとの比較一覧も掲載していてそれを参考にすると、スピーカーのツイーターは1インチ→1.25インチに刷新、RMS出力は40W→45Wに向上、USB給電は35W→65Wに向上&USB-Cポートが1つ追加、ライトエフェクトの性能が向上、接続はAirPlayも対応、アプリのカスタマイズ項目が増加、イエロー追加で計3色のカラーラインナップ、などが主な違い。

価格は中国の公式ストアだと現在1,299人民元(約27,000円)。通常モデルとの価格差は100人民元なので今から買うならこちらの方がいいでしょうし、通常モデルを既に持っているなら価格差から考えて買い替えるほどでもなさそう。日本で発売されるかはまだ不明ですが同ブランドの製品が既に2つ発売されているので可能性はあるかと。ちなみに製品にも入っている”花再”は大陸版のブランド名で、グローバル版が出る場合は通常モデルと同様にその”花再”を取っ払って製品名も変わると思います。