『EDIFIER Neobuds Pro 2』 画像など ~最大-50dBのANCなどを特徴とする新フラッグシップ機の完全ワイヤレスイヤホン

EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_06.jpg


2023年10月に発売されるEDIFIERのイヤホン「Neobuds Pro 2」。
NeoBuds Pro」の後継機=新フラッグシップ機となる完全ワイヤレスイヤホン。で最大-50dBのアクティブノイズキャンセリングや1BA+1DDドライバーそれにLHDC 5.0コーデック対応(LDACも対応)を主な特徴としている第2世代モデルですが、ちょっと見てみます。

【公式サイト】EDIFIER公式|Neobuds Pro 2 先行予約販売 – Edifier



EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_07.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_08.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_09.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_10.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_11.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_12.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_13.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_14.jpg


EDIFIER_NeoBuds_Pro_2_15.jpg
(via facebook)

通信方式:Bluetooth 5.3、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:LDAC/LHDC/AAC/SBC、連続再生時間:約4.5時間(ANC ON)・約6時間(ANC OFF)、充電時間:約1時間、ドライバー:バランスドアーマチュア+10mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 40,000Hz、感度:92±3dB SPL、防水性能:IP54、重量(イヤホン):5.6g、重量(ケース):49.2g、という仕様。カラーはブラック・ホワイトの2色。

Knowles製バランスドアーマチュア+複合振動板ダイナミック型のハイブリッドドライバー、最大-50dBのノイズをカットするワイドバンドマルチチャネルANC、最大192kHz/24bitの伝送が可能なLHDC 5.0コーデック対応、空間オーディオ(LHDC-X)・ヘッドトラッキング、ゲームモード、装着検出機能、最大22時間再生が可能&インジケーター搭載のバッテリーケース、EDIFIER CONNECTアプリ対応、イヤーピース7セット・ポーチ付属、などが特徴。

投稿されていた製品レポートを参考にすると、音はクリアかつシャープなサウンドが際立っていて低音はタイト、ANCは比較や検証はしていないが強力な部類に入る、アンビエントモードも上出来、通話品質はトップクラス、タッチコントロールの反応は良好で設定変更もアプリで可能、再生時間はLDAC+ANCだと3時間くらいしかもたない、マルチポイントには対応していない、LHDCを最大活用するには端末側の敷居が高い=対応端末が少ない、先代の音が好きな人は正統進化の後継機として気に入るはず、とのこと。

このモデルは5月ごろに中国で発表されて当時はシルバーのカラーのみで音は先代と大差ないかもしれないと言われていましたが、後に登場したグローバル版と言えるものはブラック・ホワイトの2色展開で製品自体も何かしらアップデートされている可能性も。日本で出るのは後者の方で発売日は10月24日の予定、通常価格は19,990円(先行割引価格は15,990円)。マルチポイント非対応など物足りない点はいくつかあるとはいえ音質やANCなど主要部分は期待できそうですね。

【関連記事】『EDIFIER Neobuds Pro 2』 レビューチェック ~音質もANCも進化したフラッグシップ第2世代の完全ワイヤレスイヤホン