EDIFIER、最小15msの2.4GHz接続やLHDC 5.0対応を特徴とするゲーミング完全ワイヤレスイヤホン『HECATE GX05』

EDIFIER_HECATE_GX05_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのイヤホン「HECATE GX05」。
HECATE GX07」などが出ているHECATEブランドの新たなゲーミング完全ワイヤレスイヤホン。製品名の数字はGX07より下ですが後継機となりそうな新フラッグシップモデルで、最小15msの低遅延を謳う2.4GHz接続やLHDC 5.0コーデック対応などを主な特徴としています。

【公式ストア】漫步者(EDIFIER)HECATE GX05 2.4G真无线蓝牙游戏耳机-京东



EDIFIER_HECATE_GX05_02.jpg


EDIFIER_HECATE_GX05_03.jpg


EDIFIER_HECATE_GX05_04.jpg


EDIFIER_HECATE_GX05_05.jpg


EDIFIER_HECATE_GX05_06.jpg


EDIFIER_HECATE_GX05_07.jpg
(via zol.com)

通信方式:Bluetooth/2.4GHz、連続再生時間:約4.5時間、専用ドングルで2.4GHz接続対応&最少15msの低遅延を実現する独自のFlash Speedテクノロジー採用、LHDC 5.0コーデック対応・ハイレゾオーディオワイヤレス認証、ENC通話ノイズリダクションによるクリアな通話品質、11パターンで発光するRGBライティング、金属筐体のメカニカルなバッテリーケース、現時点で公開されている仕様・特徴は以上。中国の公式ストアでは近日発売予定で価格は799人民元(約15,000円)。

公式サイトに製品情報は掲載されておらず公式ストアの製品情報は不明な点がいくつもある状況ですが、ちなみにEDIFIERのゲーミング完全ワイヤレスイヤホンで2.4GHz接続できるものはこれが初ではなく2作目だったりする。でもそれはエントリーミドルと言える立ち位置で全然話題になっていませんでしたから、フラッグシップ機のこれなら話は違ってきそう。あと、2.4GHz接続対応でスティックではなくカプセルのタイプは自分の知る限りだとJBLの「QUANTUM TWS AIR」しか他にないので珍しいものとも言えます。

【関連記事】『EDIFIER GX05』 画像など ~ 2.4GHz接続で最小15msの超低遅延を謳うゲーミング完全ワイヤレスイヤホン