『EDIFIER HECATE AIR 2』画像など ~世界初となるオープンイヤー型のゲーミング完全ワイヤレスイヤホン

EDIFIER_HECATE_AIR_2_07.jpg


海外で発売されているEDIFIERのイヤホン「HECATE AIR 2」。
GX05」に続くHECATEブランドのゲーミング完全ワイヤレスイヤホンで、現時点では珍しいというかゲーミングイヤホンではおそらく世界初となるオープンイヤー型のモデル。独自の技術を採用したゲームモードやRGBライティング搭載などを特徴としていますが、ちょっと見てみます。

【公式サイト】EDIFIER HECATE AIR 2



EDIFIER_HECATE_AIR_2_08.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_09.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_10.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_11.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_12.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_13.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_14.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_15.jpg


EDIFIER_HECATE_AIR_2_16b.jpg
(via zol.com)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:SBC、連続再生時間:約10時間、充電時間:約1時間、ドライバー:14.2mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:92 dB、インピーダンス:32Ω、という仕様。耳をふさがないオープンイヤー型、低域・高域を動的に補正するMalleusアルゴリズム、低遅延を実現するHECATE LLAT技術を採用したゲームモード&ミュージックモード、AIアルゴリズムによるクリアな通話品質、ボトル型で台座にRGBラインティングを搭載したバッテリーケース(最大28時間再生可能)、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。価格は中国の公式ストアだと現在348人民元(約7,200円)。

投稿されていた製品レポートによれば、オープンイヤー型なので圧迫感がないし装着感も耳によくフィットして良好、音漏れは意外と少ない、音質や遅延はカジュアルなゲームをやるくらいなら十分という感じ、ケースはスタンドにもなるのでデスクに置くのも良い、とのこと。防水性能に関する記載がないのでスポーツ用みたいな使い方は避けた方がよさそう。また、低遅延と言ってもUSB-Cドングルを使った2.4GHz接続はできないので、カナル型が嫌いなライトゲーマー向けという感じでしょうか。日本で発売されるかは公式を称すストアも日本正規代理店もGX05を取り扱っている事を考えると可能性はありそうです。