『EDIFIER Comfo Solo』画像など ~LDACによる音質と装着感が好評のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_01.jpg


海外で発売されているEDIFIERのイヤホン「Comfo Solo」。
Comfo Fit II」に続いて第3作目となるオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。前2作とは本体のデザインが異なる新型で前2作にはなかったLDACコーデック対応や空間オーディオを特徴としているモデル。カラーはブラック・ホワイト・ブルーの3色あり。ちょっと見てみます。

【公式サイト】EDIFIER Comfo Solo



EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_02.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_03.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_04.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_05.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_06.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_07.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_08.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_09.jpg


EDIFIER_Comfo_Solo_gallery_10.jpg



通信規格:Bluetooth 5.3、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:LDAC対応、再生周波数帯域:20 - 40,000Hz、感度:93 dB/mW、連続再生時間:最大10.5時間、防水性能:IP54、重量:10.2g、という仕様。チタンワイヤーとシリコンを使用したイヤーフックデザイン、音漏れを抑える独自開発の音響アルゴリズム、複合振動板を採用したドライバー、ヘッドトラッキング技術によるリアルタイム空間オーディオ、デュアルマイクとENCによるクリアな通話品質、マルチポイント対応、低遅延を実現するゲーミングモード、EDIFIER Connectアプリ対応、最大42時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイト・ブルーの3色、などが特徴。

購入者のレポートを参考にすると、音質は前2作も十分良かったがLDACでさらに良くなった感じ、オープンイヤー型にしては低音がよく出る、空間オーディオは臨場感が少し高まる程度で過度な期待はしない方がいい、装着感は「Oladance OWS Pro」(AD)より良かったし同類の中でもかなり良い部類に入る、前2作を持っているなら追加するほどの価値はないかもしれないが3作の中ではこれが一番良い、とのこと。価格は中国の公式ストアだと現在569人民元(約13,000円)。3作ともグローバル版の情報をまだ見かけないのでどれが第一号となるかまだわかりませんが、これが一番グローバル向けと言えるので可能性も一番高いと思います。