『EDIFIER Comfo Run』レビューチェック ~想像以上に出る低音と軽快な装着感が好評のオープンイヤー型Bluetoothイヤホン

EDIFIER_Comfo_Run_review_check_01.jpg


2024年3月に発売されたEDIFIERのイヤホン「Comfo Run」。
同社の製品では初となるオープンイヤー型のBluetoothイヤホン。リキッドシリコン&ニチノールワイヤー採用のフレキシブルなネックバンドデザインや低音増強アルゴリズム採用の16.2mm径ダイナミックドライバーそれに最新のEDIFIER ConneXアプリ対応も特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】EDIFIER公式 | Comfo Run 次世代のオープンイヤー、 未体験の開放感 x 高音質 – Edifier

画像


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_02.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_03.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_04.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_05.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_06.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_07.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_08.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_review_check_09.jpg
(via zhihu)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大17時間
充電時間:約1時間
ドライバー:16.2mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
出力レベル::90+3dBspt(A)
防水性能:IP55


メディア・レビューサイト


EDIFIER、16.2mmドライバー搭載の耳を塞がないネックバンド型ワイヤレスイヤホン「Comfo Run」 - PHILE WEB

EDIFIER Comfo Run レビュー|U1万のオープンイヤー型イヤホンとは思えないほど強力な低音 - 僕は猫だった

【Edifier Comfo Run レビュー】マジで耳が疲れないオープンイヤーイヤホン | ガジェフロ

bisonicr keep walking. : 「EDIFIER Comfo Run」 大口径16.2mm指向性スピーカー&先進技術搭載による空気伝導タイプ。音質と実用性を両立したオープンイヤー型イヤホン【レビュー】

EDIFIER Comfo Run レビュー!眼鏡に干渉しづらい。低音も出るオープンイヤー型ワイヤレスイヤホン - プラグマライフ



革新的なエアコンダクションテクノロジーを採用したオープンイヤー型、リキッドシリコン&ニチノールワイヤー採用のフレキシブルなネックバンドデザイン、PU+ウール複合振動板や低音増強アルゴリズム採用の16.2mm径ダイナミックドライバー、デュアルマイクとENCによるクリアな通話品質、80msの低遅延を実現するゲームモード、歩数計機能用のペドメーター内蔵、15分充電で約5時間再生できる急速充電、EDIFIER ConneXアプリ対応、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音質はオープンイヤー型とは思えないほど低音がしっかり出るし暖かみのあるサウンドで聴き疲れもしない、音漏れは少ない方、装着はオープンイヤー型なので耳をふさがないし表面がシリコン素材なので柔らかくフィット感も良好、新バージョンのアプリはアップデートで日本語も使えるが完成度はまだ高いと言えないし歩数計は不安定であまり実用的ではない、同類と比べて音質も装着も疲れにくい出来でスポーツや長時間使用の用途に適している、といった内容。

各所の反応


[1]
EDIFIERのComfo Run
所持している1万円以下のオープンイヤー型の中では1番しっかり低音が出る
アプリは日本語で使えるけど歩数計機能はちょっと難あり




[2]
Comfo Run
安い割に音質は良いね
ホワイトノイズはない




[3]
Comfo Runは確かにオープンイヤー型なのに低音が割と出る
メガネとも干渉しにくい設計で良い感じ




[4]
Comfo Run
音質は思っていた以上に低音出るかつクリアで音量を結構大きくしても歪みがない
装着感は快適の一言で運動中でも重く感じたりズレたりする事もない
あとバッテリーが長いのも長所で一日中ノンストップで使える
物理ボタンはわかりやすくて押しやすい
他と比べる事はできないけどコストパフォーマンスは良いと思うよ




[5]
骨伝導に違和感を感じたので空気伝導のComfo Run買ってみたが
この手のネックバンドの中では低音がだいぶ出る方なのでは




[6]
EdifierのComfo Run
音質はまぁまぁで低音も出る方だけど少しカサカサ音が気になるかな
あくまでもオープンイヤー型なので期待しすぎはいけないと思う
装着感は一日中つけっぱなしは個人的に無理な感じだけど数時間なら全然OK
バッテリーは気にする事ないくらい長くていいね




[7]
ランニング用にComfo Run買った
オープンイヤーのネックバンド型という事を考えると音質・装着感・品質のどれも合格点が出せる
長時間のランでも装着を気にする事はなかったし激しいヘドバンでもしなければ落ちる心配もなし
接続も安定しているし今後はメインで使うつもり




[8]
Comfo Runは安物の骨伝導と比べたら音質良くて音量も大きい
ネックバンドだからサイズが合う合わないがあるかもしれないけど自分の頭だと文句なしに快適




[9]
Comfo Runは低音がよく出ると言われてるけど
中高音が破綻しているわけでもないのでバランスも良いと思う
ランニング用としては着けてるのを忘れるってほどでないけど軽くていいよ
表面の素材は柔らかくて肌触りいいしIP55だからさっと水洗いするのも問題ない






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。低音は同価格帯のオープンイヤー型の中で一二を争うほどしっかり出る、かつ中高音が破綻している事なくバランスも良く感じるサウンド、装着感の良し悪しは個人差ありそうだが軽いうえに安定していてランニングでもいい感じだしメガネ併用も問題ない、接続も安定している、操作ボタンはわかりやすくて押しやすい、バッテリーが長いのも長所、アプリは歩数計機能など難ありなところがある、といった内容。

アプリに関しては本当に最近出たばかりの新バージョンなので粗があるのも仕方ないと思いますし、見方を変えれば新バージョンなので改善されていく可能性が高いでしょうから今は様子見しておいた方がいいかと。イヤホン自体は低音スカスカだと言われているものが少なくないオープンイヤー型でしっかり出るとの評価、かつ装着感も悪く言う人はいなくて欠点らしき欠点がなさそうな印象。製品名どおりランニングでの使用はかなり良さそうですね。「Comfo Run」の価格は通常だと9,800円、セールなどで安くなる時は8,000円を切って販売されています。