EDIFIER、日本発売が決まった歩数計機能も特徴とするオープンイヤー型Bluetoothイヤホン『Comfo Run』

EDIFIER_Comfo_Run_Release_01.jpg


2024年2月に発売されたEDIFIERのイヤホン「Comfo Run」。
同社の製品では初となるオープンイヤー型のBluetoothイヤホンで、ランニングやウォーキングで活用できる歩数計機能も特徴としているモデル。拠点の中国では昨年秋ごろに出回っていましたが最近になってグローバルサイトでも製品情報を公開、そして日本でも公式ストアが取り扱いだしたようです。

【公式サイト】Open-Ear Wireless Sports Headphones | Comfo Run -【Edifier】



EDIFIER_Comfo_Run_Release_02.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_Release_03.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_Release_04.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_Release_05.jpg


EDIFIER_Comfo_Run_Release_06.jpg
(via zfrontier)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:最大17時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:16.2mm径ダイナミック型、防水性能:IP55、耳をふさがないオープンイヤー型、シリコンコーティングを施したネックバンド、デュアルマイクとENCによるクリアな通話品質、アプリで走行距離・ペース・時間・消費カロリーなどが確認できる歩数計機能用のペドメーター内蔵、80msの低遅延を実現するゲームモード、EDIFIER ConneXアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているAmazonだと現在9,980円で販売中。この中国版を見た時はグローバル版だと歩数計機能を載せるのは難しいかそれ以前にグローバル版が出ない可能性もありそうだと思っていましたが、性能・機能ほぼそのままの形で出してきたので正直驚き。また、アプリが従来のEDIFIER Connectではなく今回が初出のEDIFIER ConneXというのも新要素。スポーツ用としては色々と魅力的ですね。

【関連記事】『EDIFIER Comfo Run』レビューチェック ~想像以上に出る低音と軽快な装着感が好評のオープンイヤー型Bluetoothイヤホン