EDIFIER、スポーツモードを備えた自身初のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『Comfo Fit』

EDIFIER_Comfo_Fit_01.jpg


海外で見かけたEDIFIERのイヤホン「Comfo Fit」。
同社の製品では初となるオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。ネックバンド型のBluetoothイヤホン「Comfo Run」と主に登場したスポーツ向けのモデルで、こちらもランニング・ウォーキング用のモニタリング機能=スポーツモードの搭載を特徴の一つとしています。

【公式ストア】漫步者(EDIFIER)Comfo Fit无限翼开放式蓝牙耳机



EDIFIER_Comfo_Fit_02.jpg


EDIFIER_Comfo_Fit_03.jpg


EDIFIER_Comfo_Fit_04.jpg


EDIFIER_Comfo_Fit_05.jpg


EDIFIER_Comfo_Fit_06.jpg


通信方式:Bluetooth 5.3、連続再生時間:約9時間、充電時間:15分充電で約2時間再生可能、防水性能:IP55、重量:8.8g、耳を塞がないオープンイヤー型、チタンワイヤーやシリコン素材を使用したイヤーフックデザイン、18x11mmダイナミックドライバー、デュアルマイクとENCによるクリアな通話品質、アプリで走行距離・ペース・時間・消費カロリーなどが計測できるスポーツモード(ランニング・ウォーキングの2種あり)、低遅延を実現するゲーミングモード、EDIFIER CONNECTアプリ対応、最大45時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ベージュの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格は既に取り扱いを開始している中国の公式ストアだと499人民元(約10,000円)。スポーツ向けの機能を搭載していても製品情報ではその点を強くアピールしていなかったり、製品自体もスポーツ向けらしからぬゴージャスに見せようとする金属パーツを使っていたり、上記のComfo Runに比べるとコンセプトがブレブレな感も否めず。それにこちらも機能的にグローバル展開するかは微妙なところなので、とりあえずはEDIFIERもオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンを出してきましたよという事で。でもEDIFIERならオープンイヤー型を一つ出して終わりではなく立て続けに出してくるかもしれませんね。