EarFun、シリーズ最上位モデルとなるアウトドア向けの大型Bluetoothスピーカー『EarFun UBOOM X』

EarFun_UBOOM_X_01.jpg


海外で見かけたEarFunのスピーカー「EarFun UBOOM X」。
EarFun Wave Pro」「EarFun Air 2」と共に先日のイベントで展示されていたBluetoothスピーカー。「EarFun UBOOM Slim」などが出ているUBOOMシリーズの最上位モデルで、ハンドル一体型&ストラップ装備可能の大型サイズになっているアウトドア向けです。

【公式サイト】EarFun | CES 2024



EarFun_UBOOM_X_02.jpg


EarFun_UBOOM_X_03.jpg


EarFun_UBOOM_X_04.jpg


EarFun_UBOOM_X_05.jpg
(via Mobilarena/SoundGuys)


通信方式:Bluetooth 5.3、ハンドル一体型&IPX7防水の大型サイズ(ハンドル部にストラップ装備可能)、JumboBassテクノロジーと出力80Wの4ドライバー設計で強力な低音と鮮明なサウンドを実現、最大30時間再生のロングバッテリー、前面にマルチカラーLEDライト搭載、スマートフォンなどを充電できるモバイルバッテリー機能、ハンズフリー通話対応、最大50台を同時接続できるパーティーコネクトモード、低遅延モード、Google Assist/Siriサポート、EarFun Audioアプリ対応、公開されている仕様・特徴は以上。

発売時期は北米だと5月以降で価格は180ドルを予定しているとのこと。同類のBluetoothスピーカーは代表的存在の「JBL BOOMBOX 3」(AA)が40,000円台で販売されている事を考えると割安感があり。でも既製品の実売価格がいずれも10,000円以内であるEarFun、日本だと20,000円を超えそうなものを出すという事は価格的にクラスを上げた製品展開を今後していきそうな予感もします。