『EarFun UA100』 レビューチェック ~SHANLING製がベースの高コスパなポータブルヘッドホンアンプ

EarFun_UA100_01.jpg


2023年10月に発売されたEarFunのアンプ「EarFun UA100」。
EarFun EH100」と共に5周年記念の特別企画品として出されたポータブルヘッドホンアンプ。こちらもSHANLINGの製品がベースとなっているようですが、EH100とは違ってベースの方は日本で発売されておらず海外の価格で考えると非常に割安な模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】EarFun UA 100


画像


EarFun_UA100_02.jpg


EarFun_UA100_03.jpg


EarFun_UA100_04.jpg


EarFun_UA100_05.jpg


EarFun_UA100_06.jpg


EarFun_UA100_07.jpg


EarFun_UA100_08.jpg


EarFun_UA100_09.jpg

製品仕様


DACチップ:ESS ES9038Q2M
アンプチップ:Ricore RT6863 x2
対応フォーマット:PCM 768kHz/32bit DSD512
周波数帯域:20kHz - 40kHz
対応インピーダンス:16 - 300Ω
THD+N:<0.0008%
信号対雑音比:121dB
クロストーク:71dB(3.5㎜)・109dB(4.4㎜)
出力レベル:2V/32Ω(3.5㎜)・2.5V/32Ω(4.4㎜)
インターフェイス:3.5mmシングル/4.4mmバランス/USB Type-C
重量:10.6g


メディア・レビューサイト


EarFun 5周年記念の有線イヤフォン + ポータブルDACアンプ - AV Watch

earfun UA100 レビュー | ぽぷりのLeave me alone.

EarFun UA 100 サクッと見れる聴き込みレビュー 上品な低音に包まれる高コスパUSB DAC | clear headphones

EarFun UA100 & EA100 レビュー:高コスパは有線でも健在! – OREFOLDER

EarFun EH100&UA100実機レビュー|有線だってコスパ最強!?音質に全振りしたEarFunの名器! | スマソム

アンプ復権の狼煙か?「UA 100」と「EH 100」を使ってわかった〝隠れた音〟を発掘する楽しみ|@DIME



最大32bit/768kHz PCMおよびDSD512デコードをサポートするES9038Q2M DACチップ搭載、より高い出力パワーとよりクリーンな音質を実現するRicore RT6863アンプチップx2基搭載、3.5mmシングル+4.4mmバランス端子搭載、サンプリングレートを確認できるLEDインジケーター、アルミボディのシンプルな軽量コンパクトデザイン、USB-Cケーブル・USB-A変換アダプター付属、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、見た目はSHANLINGのUA2 Plusとまったく同じ、音はかなり味付けしている感じだがポタアンとしては十分良い音でパワーもある、素の状態だとパワーがありすぎて音量調整が難儀なうえにホワイトノイズもある、SHANLING製という事もあって同社のアプリ・Eddict Playerが使える、そのアプリで色々設定できて上記の難点も解消するので導入した方がいい(ただしAndroid版のみ)、PCで使う場合は密かに公開されている専用ドライバーを導入した方がいい、通常価格でもUA2 Plusよりこちらの方が安いしセールの時に買うならコストパフォーマンスはかなり高い、といった内容。

各所の反応


[1]
EarFun UA100
書いてあるスペックだとお買い得な気がするけど実際どうなん?




[2]
>>1
EarFun UA100はShanling UA2 Plusと同等品ていうか全く同じ
UA2 Plusの価格考えたら確かにお買い得




[3]
EarFun UA100届いたけど
そっくりそのままそのままShanling UA2 Plusでした
Eddict Playerで各種設定可能




[4]
EarFun UA100安かったからなんとなく買ってみたけど
比較的安価なのに4.4mmバランス接続できて
そこそこ音質良くて裏機能?あってコスパ良すぎた
物自体はSHANLING UA2 Plusだもんね




[5]
EarFun UA100はASIOドライバーがあるね
英語ページだとマニュアルとドライバのダウンロードリンクがあるけど
日本語ページだとマニュアルのリンクしかなくて気付かなかった
マニュアルのリンクを踏むとGoogleドライブに飛んでそこにドライバも置いてある




[6]
UA100は繋ぐスマホでノイズが著しく変わる。
ホワイトノイズもだがピューピューいう嫌なノイズが出るのもある。
相性さえよければコスパはかなりいいんだけど。




[7]
>>6
UA100に限らずドングルって大体そうだよ、スマホ側に依存されやすい。
ノイズ対策に使える場所ほぼ無いし、その上当然電源もスマホ頼み。
そこ気にするならアイソレーションしっかりしているようなものを使うしかない。




[8]
EarfunのUA100届いた
iPhone15proにそのまま繋げて音出た
スティック型のUSB DAC他に持ってないから比較できないけどなかなかいいな




[9]
EarFun UA100が届いたから色々いじってみてるけど
AndroidのShanlingアプリからフィルターやゲイン設定ができる。




[10]
Earfun UA100届いたけど純正の設定用アプリが無いため音量が爆音。
OEM元のShanlingアプリで音量50・ゲインをLowに設定できたから問題ないけど
安いから初めてDAC買ったって人はいじり方わかんないんじゃないかな?




[11]
EarFun UA100届いた
イヤホンはEH100でポタアンはFiio KA3の組み合わせだと
若干こもってる感じが気になってたんだけど
UA100との組み合わせで解消された気がする
そしてFiio KA3に比べると小さい




[12]
UA100は音いいがDSD音源はプレイヤーとの相性がシビア。
Hiby playerだとNative DoPともぶちぶち途切れてほぼ使えない。
Fiio PlayerだとDoPが実用か。
Eddict Playerのみきちんと動くがUIは微妙。




[13]
EarFunのEH100+UA100は低音豊かでいいね



[14]
EarFun UA100、セール価格だったので買ってみた
7000円くらいでで4.4mmバランス接続できるし
iPhoneで音楽聴いてみた感じは解像度が結構高めでいい
あとAndroid限定だけどEddict Playerっていうアプリを使えば
デジタルフィルター変更とゲイン調整できるっぽい






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ポタアンとしては価格の割に音が良くて4.4mmバランス接続できるのも良い、素の状態は音量が爆音状態なのでSHANLINGのアプリ=Eddict Playerを導入した方がいい、アプリのプレイヤーは相性が結構あるのでEddict Playerが無難だがiOS版はない、「FiiO KA3」(AA)と使い比べてみて音の篭りは感じないし本体サイズは小さい、当然だがイヤホンのEH100とは相性いい感じ、SHANLINGのUA2 Plusと同等品でこの価格ならお買い得、といった内容。

「EarFun UA100」の通常価格は10,000円弱でセール時には7,000円台になる事がある模様。SHANLINGのUA2 Plusは海外の安いECサイトから買おうとしても13,000円くらいしますし、仮に日本で発売されるとしてもこちらほど安くはならないでしょうし、通常価格でも十分安いものかと。でもEarFunの製品なので今後も突発的なタイムセールやクーポン発行が度々あるはず。現時点では在庫切れになっていますがAndroidのスマホにポタアン導入を検討している人はこれをチェックしておいて損はないでしょうね。