『EarFun EH100』 レビューチェック ~SHANLINGの2DD+1BAモデルがベースと思われる自身初の有線イヤホン

EarFun_EH100_01.jpg


2023年10月に発売されたEarFunのイヤホン「EarFun EH100」。
EarFun Free Pro 3」など主に完全ワイヤレスイヤホンで知られるEarFunが5周年記念の特別企画品としてリリースした自身初の有線イヤホン。2DD+1BAのハイブリッドドライバーで交換可能なサウンドフィルターやリケーブル対応なども特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】EarFun EH 100

画像


EarFun_EH100_02.jpg


EarFun_EH100_03.jpg


EarFun_EH100_04.jpg


EarFun_EH100_05.jpg


EarFun_EH100_06.jpg


EarFun_EH100_07.jpg


EarFun_EH100_08.jpg


EarFun_EH100_09.jpg
(via facebook)

製品仕様


ドライバー:同軸ダイナミック型x2+バランスドアーマチュア
周波数特性:16Hz - 40kHz
インピーダンス:16Ω
音圧感度:103dB/1KkHz
コネクター:0.78mm-2pin
プラグ:3.5mm金メッキ
ケーブル長:130cm
重量:8.6g(片方)


メディア・レビューサイト


EarFun 5周年記念の有線イヤフォン + ポータブルDACアンプ - AV Watch

EarFun EH100 サクッと見れる聴き込みレビュー 豊かな低音を鳴らす高コスパな美麗イヤホン | clear headphones

EarFun UA100 & EA100 レビュー:高コスパは有線でも健在! – OREFOLDER

EarFun EH100&UA100実機レビュー|有線だってコスパ最強!?音質に全振りしたEarFunの名器! | スマソム



同軸デュアルダイナミックドライバーとカスタムバランスドアーマチュアドライバーのハイブリッド構成、交換で音の変化を楽しめる2種類のサウンドフィルター(バランス・アンビエンス)、0.78mm-2pinコネクターでのリケーブル対応、32芯単結晶銅銀メッキ線を採用したオーディオケーブル、光沢仕上げされた亜鉛合金シェル、シリコンイヤーピース3セット・ ダブルフランジイヤーピース1セット・キャリーケース付属、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音質はサウンドフィルターで結構変わる、バランスは低音強めながらも全域にわたってバランスが良くて解像度も高い、アンビエンスは低音がより強くなる、筐体はハイブリッドドライバーでも小さい方で耳に収まりやすくて装着感は良好、スマホで使う場合は一緒に発売されたポタアンを追加した方がいい、セールで安くなるのでその時に買うのがオススメ、といった内容。

各所の反応


[1]
EarFun EH100買った
力強く弾力のある低音、滑らかで艶っぽいボーカル、シャキッとした高音
欲張り構成って感じ
セールの時に買うなら良いかと




[2]
EH100は金属質な高音も楽しめる低音ホンだね
慣らしていくうちに良くなって高低音の元気なバランスはクセになる




[3]
EarFunのEH100は低音マシマシ
ポタアンのUA100と組み合わせると迫力がさらにすごい




[4]
EarFun EH100&UA100のセットやばいわ
セール買いで合計1.5万円、スマホで手軽に良い音が鳴らせる
中低音めっちゃ鳴るけど中華特有のうるさくてゴリゴリした感じがなくて
奥行きみたいなものがあるし聴きやすくて良い




[5]
EarFun EH100の締まりのある低音は結構好きかも
ジャス系の音楽にも良いね




[6]
EarFun EH100はフィルター替えるだけで低域がゴリゴリになる



[7]
EarFun EH100は代理店がSHANLINGコラボだと言ってるな
調べてみたらまんまSHANLING SONOだな




[8]
>>7
EarFun EH100は持ってないけどSHANLING SONOなら持ってる。
低音の量感たっぷりで曲によってちょっと盛り過ぎにも感じるほど。
でも高音は繊細でヴォーカルも聴きやすい。
装着しやすさも良い。
2DD+1BAドライバーなのに小さく薄いので耳に収まりやすいし重くも感じない。
低音が好きそうに思えるならおすすめ。




[9]
SHANLING SONOは俺も持ってる
エージングも済ませたとこだけど箱出しに比べて
低域がタイトになって中高域はボーカルの存在感が増して結構バランス良くなった
自分の聴いた限りボーカルは男性の方が向いてるかな、力強くて余韻が気持ちいい




[10]
SHANLING SONOは付属品だけでほぼ完結してるし
ノズル交換で音変も楽しめて12000円は安いと思うよ






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。低音は力強く高音はシャキッとしてボーカルに艶を感じるサウンド、サウンドフィルターはアンビエンスにすると低音がゴリゴリになる、イヤホン本体は2DD+1BAドライバーでも小型かつ薄型で装着しやすい、代理店がSHANLINGコラボと明記していてイヤホンの内容的に「SHANLING SONO」(AA)がベースと思われる、といった内容。

「EarFun EH100」は現在10,000円台の価格で販売中。ちなみにポータブルヘッドホンアンプの「EarFun UA100」(AA)も含めて代理店が製品情報にSHANLINGコラボと明記していますから、5周年記念の2製品はどちらもSHANLINGの製品がベースになっているかと。上記のSHANLING SONOは仕様も付属品もまったく同じもので価格は現在11,000円台。メーカーにこだわりがないなら安い方を買えばいいと思いますが、特定のセールなどでさらに安くなる可能性があるのはこちらでしょうね。