EarFun、何気に自身初となるLDACコーデック対応の完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Air 2』

EarFun_Air_2_01.jpg


海外で見かけたEarFunのイヤホン「EarFun Air 2」。
EarFun Air Pro 3」と同じ系統だけれどもネーミングから考えて「EarFun Air S」の後継機になりそうな完全ワイヤレスイヤホン。同社の製品では何気に初となるLDACコーデック対応を主な特徴としているモデル、詳細が公開されていたのは海外ですが日本で既に発売が決まっているようです。

【公式サイト】EarFun | CES 2024



EarFun_Air_2_02.jpg


EarFun_Air_2_03.jpg
(via Mobilarena/Digital Trends)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:LDAC対応、連続再生時間:最大9時間、防水性能:IPX7、ウール複合振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、4マイクノイズキャンセリングテクノロジーによるクリアな通話品質、5ms未満の低遅延を実現するゲームモード、マルチポイント対応、EarFunアプリ対応、最大40時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、ブラック・ホワイトの2色、公開されている主な仕様・特徴は以上。

日本では1月17日から先行予約を開始するとのことなので発売は2月以降になるのではないかと。アクティブノイズキャンセリングを搭載しているなら第一に明記しているでしょうから、していないという事は非搭載なのでしょう。でもその分だけ価格は抑えられるでしょうし半端なANCを搭載するくらいなら無い方がいいという人もいるでしょうし、見方によってはこれはこれでいいかも。とりあえずは続報待ちですね。

【関連記事】『EarFun Air 2』レビューチェック ~5,000円以下で同社初LDAC対応も特徴とする完全ワイヤレスイヤホン