Dream Machines、Senseiクローンのゲーミングマウス『DM1 FPS』に新色が追加

Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_01.jpg


2018年8月に発売されたDream Machinesのマウス「DM1 FPS」。
SteelSeries Senseiクローンのゲーミングマウスとして長らく展開しているDM1シリーズの最新モデルに新色が追加された模様。カラーラインナップは最初から4色もありましたが、新たにスモークグレー・パールホワイトが追加です。

【マウス】Dream Machines 『DM1 FPS』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9454.html





Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_02.jpg



Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_03.jpg



Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_04.jpg



Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_05.jpg



Dream_Machines_DM1_FPS_New_Model_06.jpg
(via benchmark.pl/reddit)

Pixart PMW3389のセンサー採用、Huano製のマイクロスイッチ採用、パラコードケーブル採用、重量:83g、といった点は変わらずで仕様変更は特にない模様。新色はスモークグレーがマットな表面処理で明るめなグレーのカラーリング、パールホワイトが光沢の表面処理で白一色のカラーリング、両方ともケーブル・ソールのカラーはライトグレーに。公式サイトにはまだ掲載されていませんが一部の地域では既に販売中、価格設定は従来のカラーと変わらず。

新色追加に合わせて何かリニューアルしたのではないかと思って情報を巡っていたのですが、目論見は外れて既存のモデルとの違いは結局カラーだけ・・・でもせっかくなので記事にしておこうと。ところでSenseiといえば本家のSteelSeriesが「Sensei Ten」(AA)を出したので、ある意味こちらの役目は終わったと言ってもいい状況。でもSensei Tenのケーブルはゴム系で重量は92gもあってそのあたりを後に刷新する事はなさそうですから、存在価値はまだあるでしょうね。




ドリームマシーンズ(DREAM MACHINES)
売り上げランキング: 201