デスクツアー ~お前らの部屋のPCデスク見せろよ Part.348

Desk_Tour_Part348_001.jpg


PCデスクまたはPCルームを撮影してネットに公開する”デスクツアー”は今やポピュラーな事になっていて、フォーラムサイトやSNSなどで世界的に賑わっている模様。PCや周辺機器そしてデスクも含めて構成やスタイルはまさに十人十色、それをいくら見ても飽きる事はないので賑わっているのも納得ですが、今回は2023年2024年2月に投稿されていた100枚を見てみます。(画像をクリックすると原寸が表示されます)

【前記事】デスクツアー ~お前らの部屋のPCデスク見せろよ Part.347



Desk_Tour_Part348_002.jpg


Desk_Tour_Part348_003.jpg


Desk_Tour_Part348_004.jpg


Desk_Tour_Part348_005.jpg


Desk_Tour_Part348_006.jpg


Desk_Tour_Part348_007.jpg


Desk_Tour_Part348_008.jpg


Desk_Tour_Part348_009.jpg


Desk_Tour_Part348_010.jpg


Desk_Tour_Part348_011.jpg


Desk_Tour_Part348_012.jpg


Desk_Tour_Part348_013.jpg


Desk_Tour_Part348_014.jpg


Desk_Tour_Part348_015.jpg


Desk_Tour_Part348_016.jpg


Desk_Tour_Part348_017.jpg


Desk_Tour_Part348_018.jpg


Desk_Tour_Part348_019.jpg


Desk_Tour_Part348_020.jpg


Desk_Tour_Part348_021.jpg


Desk_Tour_Part348_022.jpg


Desk_Tour_Part348_023.jpg


Desk_Tour_Part348_024.jpg


Desk_Tour_Part348_025.jpg


Desk_Tour_Part348_026.jpg


Desk_Tour_Part348_027.jpg


Desk_Tour_Part348_028.jpg


Desk_Tour_Part348_029.jpg


Desk_Tour_Part348_030.jpg


Desk_Tour_Part348_031.jpg


Desk_Tour_Part348_032.jpg


Desk_Tour_Part348_033.jpg


Desk_Tour_Part348_034.jpg


Desk_Tour_Part348_035.jpg


Desk_Tour_Part348_036.jpg


Desk_Tour_Part348_037.jpg


Desk_Tour_Part348_038.jpg


Desk_Tour_Part348_039.jpg


Desk_Tour_Part348_040.jpg


Desk_Tour_Part348_041.jpg


Desk_Tour_Part348_042.jpg


Desk_Tour_Part348_043.jpg


Desk_Tour_Part348_044.jpg


Desk_Tour_Part348_045.jpg


Desk_Tour_Part348_046.jpg


Desk_Tour_Part348_047.jpg


Desk_Tour_Part348_048.jpg


Desk_Tour_Part348_049.jpg


Desk_Tour_Part348_050.jpg


Desk_Tour_Part348_051.jpg


Desk_Tour_Part348_052.jpg


Desk_Tour_Part348_053.jpg


Desk_Tour_Part348_054.jpg


Desk_Tour_Part348_055.jpg


Desk_Tour_Part348_056.jpg


Desk_Tour_Part348_057.jpg


Desk_Tour_Part348_058.jpg


Desk_Tour_Part348_059.jpg


Desk_Tour_Part348_060.jpg


Desk_Tour_Part348_061.jpg


Desk_Tour_Part348_062.jpg


Desk_Tour_Part348_063.jpg


Desk_Tour_Part348_064.jpg


Desk_Tour_Part348_065.jpg


Desk_Tour_Part348_066.jpg


Desk_Tour_Part348_067.jpg


Desk_Tour_Part348_068.jpg


Desk_Tour_Part348_069.jpg


Desk_Tour_Part348_070.jpg


Desk_Tour_Part348_071.jpg


Desk_Tour_Part348_072.jpg


Desk_Tour_Part348_073.jpg


Desk_Tour_Part348_074.jpg


Desk_Tour_Part348_075.jpg


Desk_Tour_Part348_076.jpg


Desk_Tour_Part348_077.jpg


Desk_Tour_Part348_078.jpg


Desk_Tour_Part348_079.jpg


Desk_Tour_Part348_080.jpg


Desk_Tour_Part348_081.jpg


Desk_Tour_Part348_082.jpg


Desk_Tour_Part348_083.jpg


Desk_Tour_Part348_084.jpg


Desk_Tour_Part348_085.jpg


Desk_Tour_Part348_086.jpg


Desk_Tour_Part348_087.jpg


Desk_Tour_Part348_088.jpg


Desk_Tour_Part348_089.jpg


Desk_Tour_Part348_090.jpg


Desk_Tour_Part348_091.jpg


Desk_Tour_Part348_092.jpg


Desk_Tour_Part348_093.jpg


Desk_Tour_Part348_094.jpg


Desk_Tour_Part348_095.jpg


Desk_Tour_Part348_096.jpg


Desk_Tour_Part348_097.jpg


Desk_Tour_Part348_098.jpg


Desk_Tour_Part348_099.jpg


Desk_Tour_Part348_100.jpg
(via imgur)


今回もこの100枚の中から目を引いたものに対してコメントしてみる。

2枚目、プリンターや複合機はどうしても事務的な雰囲気を出すので、こういうPCデスクにあるとめちゃくちゃ浮いて見えますね・・・。

9枚目、HYTEのPCケース「HYTE Y60」(AD)の中にコンピューター型ガジェット「DITOO PRO」(AD)を入れている、ちょっと可愛くていいなと思ったり。

11枚目、トレカで埋め尽くされた壁。最初はそういうポスターか印刷したものかと思いましたが、並びがランダムなので本物なのかな?。良くも悪くもインパクトあります。

12枚目、日本で先日発売されたKanto Audioのスピーカー「YU2」(AD)のウォールナットモデルを使っている。小型のウッドデザインって他に思い当たるものがありませんから条件次第ではこの一択になりそう。

26枚目、1デスクに2PC(ノートPCやタブレットは除く)は今じゃ珍しいスタイルかも。よっぽど専門的な事をやらない限りは1台あれば済むでしょうし。でもこれは配信をやってそうな環境なのでライブ用と編集用かな?。

53枚目、ちょくちょく触れているFractal DesignのPCケース「North」(AD)はLEDパーツ一切なしがいいと思っていましたが、フロントのファンを電球色に光らせるのは結構いい感じ。

61枚目、Funkoがたくさんある部屋を見るたびに公式サイトの方も見る事を繰り返しているのですが、まぁ本当にとんでもない製品数ですよね。

67枚目、上下でON/OFFするレトロなスイッチはアメリカンスイッチという名称なのを今調べて知りました。個人的にカバーは金属でスイッチは黒のタイプが好きです。

72枚目、クリエイティブの丸いUSBスピーカー「Creative Pebble」(AD)はエントリー層の味方という印象でしたが、一番安い初代はもう公式ストアの直販でしか売ってないようで。既に実質第5世代が出ているのに初代が残っているのも何かアレですけど。

85枚目、角材をスピーカースタンドとして使うのはまだわかりますけど、そこに傾斜のスピーカースタンドも付けて設置されている姿にちょっと笑っちゃいました。でも相乗効果があるのかも。

91枚目、見るたびにやっぱすごい見た目だなーと思うサムスンの55インチ湾曲モニター。発表されてから1年半経ちますけど競合機は今でも皆無なので本当にオンリーワンな一品です。

100枚目、上でも触れたKanto Audioのスピーカーはここで使っているTUKMWという名のフラッグシップ機もあるのですが、どうせならこれも日本で取り扱ってほしいですね。でも日本正規品だと150,000円くらいになりそうですから厳しいかな・・・。