DELUX、日本発売が決まった約49gで4KHz対応のワイヤレスゲーミングマウス『M800 Ultra』

DELUX_M800Ultra_07.jpg


海外・国内で発売されているDELUXのマウス「M800 Ultra」。
2020年からシリーズ展開しているM800シリーズ最新版のワイヤレスゲーミングマウスで、今作はモデルチェンジされた新型であり約49gの軽量ソリッドシェルや4KHz対応などが特徴のモデル。海外のECサイトでは先月から取り扱っていましたが、日本のECサイトでも先日から取り扱いだしたようです。

【関連記事】DELUX、約49gの軽量化や4KHz対応などアップグレートされたViperクローンのワイヤレスゲーミングマウス『M800Ultra』



DELUX_M800Ultra_08.jpg


DELUX_M800Ultra_09.jpg


DELUX_M800Ultra_10.jpg


DELUX_M800Ultra_11.jpg


DELUX_M800Ultra_12.jpg


DELUX_M800Ultra_13.jpg


DELUX_M800Ultra_14.jpg


モデルチェンジでさらに軽量化されたソリッドシェル、PixArt PAW3395センサー採用、Huano Pink Dotマイクロスイッチ採用、Nordic 52840のSoC採用、300mAhのバッテリー内蔵、ポーリングレート4000Hz対応、2.4GHz/Bluetooth 5.0/USB Type-Cのトライモード接続、ブラック・ホワイトの2色、サイズ:幅64x奥行き124x高さ38mm、重量:約49g、ブラック・ホワイトの2色、USB-Cパラコードケーブル・グリップテープ・予備ソール・レシーバー延長台が付属、主な仕様・特徴は以上。バッテリー容量が600mAhのモデルもあり(重量は約55g)。価格は現在8,000円台の価格で販売中。

投稿されていた製品レポートを参考にすると、前作のProよりも色々とアップグレードされていて筐体の品質も良い、本家と言える「Razer Viper V2 Pro」(AA)とクリック感は似ているが握り具合は異なる、4KHz対応だがレシーバー別売りでまだ発売されてない、バッテリー600mAh版でも十分軽い(写真の実重量は600mAh版)、VGNやDarmosharkなど人気の中華系と完成度は同等なのでどれが良いかはサイズ・形状の好み次第、とのこと。ちなみに海外のECサイトからでも購入できますが上記の価格より高いので、現時点では日本で買うのがベターかもしれません。