Darmoshark 『Darmoshark N1』 画像など ~新設ブランド独自のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス

Darmoshark_N1_01.jpg


海外で発売されているDarmosharkのマウス「Darmoshark N1」。
中国のMOTOSPEEDが新設したゲーミングデバイスブランドのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス。どこかのOEM/ODM品を利用したものではないオリジナルデザインでやや大きめのサイズになっているモデルですが、ちょっと見てみます。

N1 Gaming Mouse - Gaming Mouse - Motospeed
http://www.motospeed.cc/index.php?ac=article&at=read&did=555




Darmoshark_N1_02.jpg


Darmoshark_N1_03.jpg


Darmoshark_N1_04.jpg


Darmoshark_N1_05.jpg


Darmoshark_N1_06.jpg


Darmoshark_N1_07.jpg


Darmoshark_N1_08.jpg


Darmoshark_N1_09.jpg


Darmoshark_N1_10.jpg


Darmoshark_N1_11.jpg


Darmoshark_N1_12.jpg
(via bilibili)

センサー:光学式、解像度:16000DPI、フレームレート:16000FPS、トラッキング速度:400IPS、最大加速度:50G、ポーリングレート125-1000Hz、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅66x奥行き128x高さ39mm、重量:約65g、という仕様。Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性2000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、ハニカムデザインの軽量ボディ、パラコードケーブル採用、交換用ソール付属、などが特徴。カラーはグレー・ブラックの2色。また、CS:GOのプロゲーマーとして知られるFalleNモデルも用意しているとのこと。

現存するハニカムデザインのどれとも異なる形状になっていますし、やや大きめのサイズで約65gの重量を実現していますから注目を得られそうな一品。同類の中では見られない楕円型のソールも人によってはポイントとなりそう。製品展開が確認できる地域は今のところ中華圏と東南アジア、価格は中国だと499人民元(約7,500円)。MOTOSPEEDが典型的な中華系なのでこの価格は随分と強気にも思えますが、Darmosharkはグローバル展開も視野に入れていると耳にしましたから世界で通用するよう相応にコストをかけているのかもしれません。




G-Wolves
売り上げランキング:672