『Creative Zen Air DOT』 レビューチェック ~実売2,000円を切るインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

Creative_Zen_Air_DOT_07.jpg


2023年8月に発売されたクリエイティブのイヤホン「Creative Zen Air DOT」。
Zen Air」に続いて登場したZenシリーズの完全ワイヤレスイヤホンは同社の製品で一番安い存在であり、同社の製品では初となるインナーイヤー型のモデル。通常価格=定価は3,000円弱となっていますが、現在の実売価格は2,000円を切っている模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Creative Zen Air DOT - ヘッドホン / イヤホン - Creative Technology (日本)

画像


Creative_Zen_Air_DOT_08.jpg


Creative_Zen_Air_DOT_09.jpg


Creative_Zen_Air_DOT_10.jpg


Creative_Zen_Air_DOT_11.jpg


Creative_Zen_Air_DOT_12.jpg
(via Amazon)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
コーデック:SBC
連続再生時間:約7時間
充電時間:約2時間
ドライバー:13mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
防水性能:IPX4
重量(イヤホン):約3.5g
重量(イヤホン+ケース):約33g


各所の反応


[1]
クリエイティブ、約3.5gのIPX4防滴完全ワイヤレス「Creative Zen Air DOT」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202308/30/58812.html




[2]
CreativeからZen Air DOTとかいうインナーイヤー来てるけどどうやろな
価格はクソ安いな




[3]
Creativeのやつはクーポン込みで2000円以下だからな
割引入ってるとはいえ安すぎる
過度な期待はしない方がいいと思うぞ




[4]
Zen Air DOT安くて見た目もなかなか
でも低遅延モード無い




[5]
もうカナル型使うのがしばらくは怖いので
簡単に購入できて五千円以内の鉄板みたいなインナーイヤー型はありますでしょうか?




[6]
>>5
今ならZen Air DOTがめっちゃ安く出たので試すのもいい
2000円以下なので繋ぎに使う用途だけでも十分




[7]
Zen Air DOT買った、ケース小さいな
箱出しで聞いた感想は音が軽く高音がとんがりすぎてる感じ
んでエージングしたら高音がキンキンしなくなって聴きやすくなったような気がする
低音が弱いのは安いインナーイヤー型だから仕方ない
電源オンは左右連動しないのとゲームモードなくて遅延が結構あるのは欠点だけど
そこも安いインナーイヤー型だから仕方ない




[8]
Zen Air DOTが届いたけど低価格帯だと1番いいね
変な中華で冒険する事ないわ
ケースもコンパクトだし音も悪くない
唯一の不満は残量20%になったら「バッテリーロー」のアナウンスがしつこい
なので実動の再生時間は5.5時間くらいかな






軽量コンパクトなインナーイヤー型のスティックデザイン、カスタムチューンを施した13mmネオジウムドライバー、ENCテクノロジーによるクリアな通話品質、タッチコントロール搭載、最大24時間再生を可能とするバッテリーケース、などが特徴。価格に関してはAmazonで運営している公式ストアが1,000円割引きのクーポンを発行しており、それを適用すると2,000円を切る形。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は箱出しだと高音がキンキンしていたがエージングで聴きやすくなった(低音は弱いまま)、ゲームモードがなかったりアプリ対応してなかったりと安いインナーイヤー型なので仕方ないと思う部分がある、実動の再生時間は5時間半くらい、イヤホンもケースもコンパクト、これでも低価格帯の中では一番いいと思うし下手な安物中華を買うよりはいい、といった内容。

名の知れたメーカー製かつ安いインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンといえばXiaomiの「Redmi Buds 4 Lite」(AA)が2,500円前後で販売されていますが、両機の性能・機能は一長一短という印象。でもこの価格帯だと500円の差は小さくありませんし、スマホ付属の有線イヤホンから脱却したい・・・みたいな人は試してみるのもいいのではないかと。とりあえずの入門用としては適したものかもしれませんね。