クリエイティブ、性能も機能もサイズもアップした次世代のデスクトップスピーカー『Creative Pebble X』

Creative_Pebble_X_01.jpg


海外で見かけたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble X」。
Creative Pebble X Plus」共に発表されたPebbleシリーズの次世代となるデスクトップスピーカーで、こちらはサブウーファー無しのスタンダードな2.0chモデル。これまでシリーズ最上位の存在だった「Creative Pebble Pro」と比べて性能も機能もサイズもアップしている内容です。

【公式サイト】Creative Pebble X 2.0 USB-C Computer Speakers with Customizable RGB lighting



Creative_Pebble_X_02.jpg


Creative_Pebble_X_03.jpg


Creative_Pebble_X_04.jpg


Creative_Pebble_X_05.jpg


Creative_Pebble_X_06.jpg


Creative_Pebble_X_07.jpg


Creative_Pebble_X_08.jpg
(via Youtube)


正確なサウンドを伝える45度設計の球形デザイン、2.75インチ径フルレンジドライバー搭載、6つのプリセットモードを備えたRGBライティング、AUX・USB-Cでの有線接続対応、Bluetooth 5.3でのワイヤレス接続対応、AUX接続+USB PD給電で最大60W出力(USB-C接続は最大30W)、4極ヘッドフォンポート・3極マイクポート搭載、底面に三脚ネジ穴あり、Creativeアプリ対応、サイズ:139.2x136.5x131.8mm、主な仕様・特徴は以上。

北米での価格は現在89.99ドル。製品情報にはCreative Pebble Proと比較したリストも掲載しており、本体やドライバーのサイズは少し大きくて出力は上がっていて音響テクノロジーも色々異なっている内容。普通に考えたらこちらの方が何もかもが上でPebbleシリーズの新たなフラッグシップ機となるでしょう。ただ、コンパクトサイズと低価格で人気を得ていたシリーズですから、その要素がなくなったこれに対する巷の反響はどうなのか気になるところです。