クリテイティブ 『BT-W3』 レビューチェック ~PC/PS4/Switchで使えるaptX HD/aptX LL対応のBluetoothトランスミッター

Creative_BT-W3_01.jpg


2020年6月に発売されたクリエイティブのレシーバー「BT-W3」。
Bluetoothオーディオトランスミッターとして長らく支持を得ているBT-W系の第3世代モデルで、今作はaptX HD/aptX LLコーデック対応とUSB Type-C採用によりゲーム機でも使える事が主な特徴。ちょっとチェックしてみます。

Creative BT-W3 - PS4/Switch/PC/Mac用 Bluetooth 5.0 オーディオ トランスミッター - Creative Technology (日本)
https://jp.creative.com/p/headphones-headsets/creative-bt-w3



画像


Creative_BT-W3_02.jpg


Creative_BT-W3_03.jpg


Creative_BT-W3_04.jpg


Creative_BT-W3_05.jpg


Creative_BT-W3_06.jpg


Creative_BT-W3_07.jpg


Creative_BT-W3_08.jpg
(via naver)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.0
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:aptX HD/aptX LL/aptX/SBC
通信距離:最大30m


メディア・レビューサイト


Creative,PCやSwitchの音声をBluetoothで飛ばせるUSBサウンドデバイス「BT-W3」を直販限定で発売
https://www.4gamer.net/games/999/G999902/20200618096/

Nintendo Switchで完全ワイヤレスイヤホンを使う方法。クリエイティブ「BT-W3」でテスト - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/column/202007/04/1081.html

Nintendo Switchで無線イヤホンを使おう! お手ごろ送信機「BT-W3」が便利 | マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20200710-1133751/

「Creative BT-W3」は、パソコンの音質を手軽にアップしてくれる便利なアイテムだ - Stereo Sound ONLINE
https://online.stereosound.co.jp/_ct/17375157

CreativeのBT-W3、SwitchでBluetoothイヤホン使うのにオススメ!|ソウノ|note
https://note.com/sonoyakata/n/n0d521be8503f

Creative BT-W3を試してみる | Wasters haven.
https://blog.hogehoge.com/2020/06/BT-W3.html

Creative BT-W3を買ったのでレビュー、使い方を紹介します。 - サンデーゲーマーのブログWP
https://sundaygamer.net/bt-w3/

Creative BT-W3を購入。開封写真。レビュー感想。つなげ方。接続方法 - ビジョンミッション成長ブログ
https://www.visionseichou.com/entry/bt-w3-bluetooth




aptX HD/aptX Low Latencyコーデック対応&USB Type-C採用のBluetoothオーディオトランスミッター、接続コーデックを色で確認できるLEDランプ搭載、接続とペアリングだけで使えるようになるプラグ&プレイ、通常のUSB端子に接続できるUSB-C/USB-A変換アダプタ同梱、ゲーム機でのボイスチャットに使えるアナログマイク同梱、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「aptX HD/aptX LLコーデックは対応のBluetoothイヤホン/ヘッドホンと組み合わる事が言うまでもなく前提」「PCでもゲーム機でも問題なく作動するし、aptX LLによる低遅延は体感できる」「レシーバーと変換アダプタの大きさは許容範囲」「マルチポイントには対応していない」「PCでaptX LL接続の使い方なら先代のBT-W2でも事足りるが、SwitchでaptX LL接続やPCでaptX HD接続なら現状これ一択」といった内容。

各所の反応


[#1]
BT-W3速攻届いた。
当たり前だけどちゃんとapt-X HDクオリティで再生されてるな。
これでスマホにapt-X求めなくてもいいか。
便利なのは使用コーデックをボタン押しで切り替えられること。



[#2]
BT-W3注文して翌日届いた
最初にパソコンとベアリング。無事接続完了
そのあとPS4に挿したら即ベアリング完了
これは楽



[#3]
BT-W3をShureのRMCE-BT2と繋げてBluetoothコーデック切り替えによる遅延テスト
Switch版の初音ミク体験版で簡単タイミング調整やって
aptX LLが-7、SBCが+32

リズムゲームやっても明らかにSBCだと遅延あります。
aptX LLなら大丈夫かというと普段音ゲーやらないからわからん

LEDで接続コーデックがすぐに分かるのとコーデックを任意で切り替えられるのがいいね
ケースつけたまま使えるのでSwitchで特におすすめ



[#4]
Creative BT-W3
ぼくのかんがえたさいきょうのBluetoothオーディオトランスミッターって感じで
PC、PS4、Switchに対応していて(明記されていませんがAndroidも)
aptX LLとaptX HD対応でさらに本体側で切り替え可能で
SHURE BT2と低遅延のaptX LLで組み合わせて動画視聴とゲームがかなり捗りそう



[#5]
テレワーク用にBTヘッドセットを使いたかったけど
会社配布のシンクラPCがBluetooth無しな上にドングルも挿せないので
HFP対応のCreativeのBT-W3を買ってみた
PCからは単なる汎用ヘッドホン&マイクにしか見えないでドライバ不要で
あっさり繋がって便利だわ



[#6]
aptX LL対応のトランスミッターCreative BT-W3を購入したので
Nintendo Switchに挿してYouTubeで遅延が発生するか試してみました
接続先のネックスピーカーはJBL SOUNDGEAR

aptX Low Latencyは遅延が40ms未満だそうで
遅れていることを感知できるのはわずか
タイミングも合ってるように感じられます
これならビデオゲームで使ってもいいですね



[#7]
BT-W3のHFPモードってボタン押して物理的に切り替えか
Bluetoothヘッドセット扱いされるわけじゃなくて
USBポート1個にUSBスピーカーとUSBマイク両方刺さってる認識されてんのね
でA2DPと独立させて共存と付属4極はPS4使うんでないなら要らんね、しっくりきた



[#8]
BT-W3とBTR5組み合わせてるんだけど
トランスミッターの物理ボタンでコーデック変更しても
レシーバーが途切れず追随するのを両方のランプと液晶で確認出来て楽しいし安心感ある



[#9]
BT-W3(トランスミッター)
HD-350BT(ヘッドホン)
この2つはのaptX LL(Low Latancy(低遅延))に対応
接続は簡単で遅延はほぼ感じないレベルだった



[#10]
Shanling UP4+Creative BT-W3(aptX LL)
タブレットと組合わせてほぼ遅延なしで動画が見られる



[#11]
BT-W3買った
ぶつ森ならしょぼいイヤホンでも遅延が気にならなくていい感じ
これで外出時のSwitchプレイがはかどる





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。SwitchでSBC接続とaptX LL接続の遅延をテストするとaptX LLが低遅延なのは明白、aptX HD接続は音質が他のコーデックより当然良い、接続は簡単だしLEDランプでコーデックが判別できるし使い勝手も良し、Switchで使うには特におすすめ、といった内容。

aptX HD/aptX LL対応のBluetoothトランスミッターはREIYINの「WT-HD06」(AA)など他にも存在しますが、はっきり言えばこちらほどの信頼性はありませんしUSB Type-Cで直に接続する場合は日本だとこれしかない状況。実績のあるBT-W系の製品ですからこれを選んでおけば失敗はしないのではないかと。「BT-W3」は現在4,000円台の価格で販売されています。