『Creative Aurvana Ace 2』レビューチェック ~MEMSドライバー(MEMS+1DD)を搭載した上位モデルの完全ワイヤレスイヤホン

Creative_Aurvana_Ace_2_05.jpg


2023年12月に発売されたクリエイティブのイヤホン「Creative Aurvana Ace 2」。
Creative Aurvana Ace」と共に登場したAurvanaシリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンで、こちらはアクティブノイズキャンセリングやコーデックが優れている上位モデル。最近注目されているMEMSドライバー(MEMS+1DD)搭載が大きな特徴ですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Creative Aurvana Ace 2 - Creative Technology (日本)

画像


Creative_Aurvana_Ace_2_06.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_07.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_08.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_09.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_10.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_11.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_12.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_13.jpg


Creative_Aurvana_Ace_2_14.jpg
(via twitter/androidcentral)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:LC3/aptX Lossless/aptX Adaptive/aptX/AAC/SBC
連続再生時間:最大6時間
充電時間:約2時間
ドライバー:xMEMSドライバー+10mmダイナミック型
再生周波数帯域:5 - 40,000Hz
防水性能:IPX5
重量(イヤホン):約4.7g
重量(ケース):約37.2g


各所の反応


[1]
クリエイティブ、MEMSドライバー採用でLE Audioにも対応したイヤフォン2種
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1546913.html

話題の「MEMSドライバー」搭載イヤフォン、まとめて聴いてみた。驚きの高域&低歪み
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/torii/1559950.html




[2]
Aurvana Ace 2聴いたけど、まぁまぁだな
低音出るし高音も刺さらないような気がする
一応合格点だけど派手なケースに比べて音は地味
もう少し使い込むと変わるのか?
操作性やアプリの使い勝手は微妙




[3]
>>2
MEMSドライバーは経年で音が変わるような特性はない
みたいな記事どっかで読んだ




[4]
Aurvana AceとAce2の実機を聴いてきた

高音の澄んだ濁らない正確無比なこの音は確かにMEMSらしい音
でもAurvanaでは完全に添えものの脇役になってる
低音強めでダイナミックドライバーが音の主役になってる
特に安い方のAceは顕著

上位機のAce2の方はもうちょっとMEMS活かしてはいるけど
やっぱりダイナミックが主役
一般ウケしやすい音だけど

AirPods Proに似た軽くて装着の良いスティック型
ケースもコンパクトで使い勝手いい

価格は上位のAce2でもFalcon Maxの半額くらいだし
MEMSの高音を試してみたいっていう人にはいいかも
装着いいし一般ウケな音だし




[5]
Aurvana Ace 2買った
LE Audioで接続できたけど駅などのシビアな環境では細かい途切れが発生する
音が切れにくいという観点だけでみればaptX Adaptiveの方が安定してる
けどaptX Adaptiveは低ビットレートになるとモノラル音質並みに音が篭ってしまう




[6]
MEMSドライバー搭載のFALCON MAXとAurvana Ace 2聞いてきたんだけど
FALCON MAXはイヤピが悪いのか何なのか低音が支配的な音だったな
Aurvana Ace 2の方は調整がよくて価格以上の良さがあった




[7]
Aurvana Ace 2はデフォルトだとフラットなモニターライクな音なので
せっかくのMEMSドライバーを活かすということで
高音域から中音域にかけて持ち上げる様に設定すると結構いい感じになった




[8]
Aurvana Ace良かったな
上品なNeobuds Proって感じで楽しい
MEMSドライバーの可能性を感じたわ




[9]
Aurvana Ace 2
これがMEMSドライバーの実力なのか、なかなかすごいな。
アニソンとは相性良くてとても楽しく聴ける。

FALCON MAXは中高域の繊細な表現がとても良い。
低音がズンズン来る方がいいならAurvana Ace 2。




[10]
MEMSドライバー搭載のイヤホンって
NobleのFALCON MAXとAVIOTのTE-ZX1の2つばかりが注目されてて
CreativeのAurvana Ace 2はやや注目度が低い気がする




[11]
Aurvana Ace2は最近の高音質イヤホンに比べ小さくて軽いし
このサイズのイヤホンとしては低音もしっかり出て中高音~高音域も伸びやかなので
もうちょい話題になってもいいと思うんだけどなぁ






MEMSドライバー+10mmダイナミックドライバーのハイブリッド構成、リアルタイムで調整するQualcommアダプティブアクティブノイズキャンセリング、周囲の音を取り込めるアンビエントモード、トリプルマイクとcVcノイズキャンセル技術によるクリアな通話品質、エレガントなトランスルーセントデザイン、Snapdragon Sound対応、Creativeアプリ対応、最大24時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音はMEMSドライバーらしいと言える澄んだ高音が特徴的な一方でダイナミック型の主張(=低音)も強い、でも一般ウケしそうな音だしアニソンとの相性も良い、Noble Audioの「FALCON MAX」(AA)と同じドライバー構成でも音の印象は結構違う、イヤホン本体は割とコンパクトで装着感も良い、操作性やアプリの使い勝手は微妙、音自体は価格以上の良さを感じられるしもっと話題になっていいもの、といった内容。

かつては結構な人気を得ていて大手量販店に行けば展示品があったAurvanaシリーズ・・・その当時を知っていると最近はメーカー自体が日本であまり売る気がないように映り、当機みたいな製品に本気を感じるものでもPRとか相変わらず消極的で案外な反響になっているのはもったいないと思うのが本音。でもこれから注目されていくであろうMEMSドライバー搭載なので後から再評価されるかもしれませんし、後々にセール対象となって価格がアドバンテージになる可能性もありそうですから、今後も見ておいた方がいいかもしれませんね。「Creative Aurvana Ace 2」は現在23,000円台の価格で販売されています。