CORSAIR、日本発売が決まった31.5インチ IPSパネル QHD 165Hzゲーミングモニター『XENEON 315QHD165』

CORSAIR_XENEON_315QHD165_01.jpg


2024年3月に発売されるCORSAIRの31.5インチ液晶モニター「XENEON 315QHD165」。
解像度:2560x1440のIPSパネルやリフレッシュレート165Hzなどを特徴とするXENEONシリーズのゲーミングモニター。同社の製品は100,000円以上のハイエンドなものばかりでしたが、これは60,000円強で発売されるエントリークラスとなりそうなモデル。日本ではAmazon限定で発売されるようです。

【公式サイト】XENEON 315QHD165 | CORSAIR 液晶モニター | 株式会社アスク



CORSAIR_XENEON_315QHD165_02.jpg


CORSAIR_XENEON_315QHD165_03.jpg


CORSAIR_XENEON_315QHD165_04.jpg


CORSAIR_XENEON_315QHD165_05.jpg



画面サイズ:31.5インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1200:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。sRGB 99%・DCI-P3 90%の広色域、リフレッシュレート165Hz、FreeSync Premium/G-SYNC Compatible対応、USB 3.0ハブx3・オーディオ出力搭載、ケーブルホルダー装備のスタンド、iCUEソフトウェア対応、などが特徴。

価格は前述のとおり現在60,000円強で予約受付中。北米では399.99ドル=約59,000円で販売されているので日本の価格設定は適正価格と言えるライン。このサイズこのスペックのゲーミングモニターは日本だと意外に数少なかったりしますが、その中ではこれが一番高い存在であり新製品という事を考慮しても現時点では割高感が否めず。でもAmazon限定なら特定のセールで安くなる機会はありそうですから、その時が来れば要チェックです。