Corsair 『K70 RGB TKL』 画像など ~ポーリングレート8000Hzを謳うTKLゲーミングメカニカルキーボード

Corsair_K70_RGB_TKL_01.jpg


2021年4月に発売されるCorsairのキーボード「K70 RGB TKL」。
新シリーズのCHAMPION SERIESから登場したテンキーレスのゲーミングメカニカルキーボードで、合わせてリリースされる「K65 RGB MINI」と同じくポーリングレート最大8000Hzを実現している新型モデル。ちょっと見てみます。

K70 RGB TKL CHAMPION SERIES Mechanical Gaming Keyboard
https://www.corsair.com/ja/ja/p/CH-9119014-JP





Corsair_K70_RGB_TKL_02.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_03.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_04.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_05.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_06.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_07.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_08.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_09.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_10.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_11.jpg


Corsair_K70_RGB_TKL_12.jpg
(via weibo/weibo)

今回見ている画像は海外の英語配列版で、日本では今のところ日本語配列版のみのリリース予定。キーレイアウト:91キー日本語配列、キースイッチ:Cherry MX RGB(Speed/Red)、オンボードメモリ:8MB(プロファイル最大50個保存可能)、インターフェイス:USB Type-C(ケーブル着脱式)、重量:900g、という仕様。

ポータブルを想定したテンキーレスのフォームファクター、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、PBTダブルショットキーキャップ採用、高耐久性のアルミフレーム、ポーリングレート最大8000Hzを実現するAXONハイパープロセシングテクノロジー、フルNキーロールオーバー対応&100%アンチゴースト、マクロ機能の無効化やキーバックライトを赤1色にするトーナメントスイッチ、専用メディアキー&ボリュームコントロール搭載、PCソフトウェア・iCUE対応、などが特徴。

イベント会場での使用を想定したトーナメントスイッチは今まで見た事がない機能ですし、ここまで”Tournament Edition”にこだわっているゲーミングメカニカルキーボードは他にないのではないかと。キーボード自体はCorsairらしいデザインで最新の要素をいくつも取り入れており、テンキーレスモデルとして申し分ない印象。価格も海外と比べてそんなに差がないので妥当な設定だと思いますね。「K70 RGB TKL」は現在17,000円前後の価格で予約受付中です。