Corsair、ド派手な”赤影”オリジナルデザインのゲーミングメカニカルキーボード『K68 赤影』

Corsair_K68_Akakage_01.jpg


海外で見かけたCorsairのキーボード「K68 赤影」。
2017年に発売された防水メカニカルキーボード「K68」にオリジナルデザインを施した”赤影”モデル。基本部分は通常モデルから何も変わっていませんが、フレームだけでなくパームレストまでペイントされているド派手な外観は目を引きます。

K68 机械键盘 - 赤影 - Cherry MX 红轴
https://www.corsair.com/zh/ja/p/CH-9102120-CN





Corsair_K68_Akakage_02.jpg


Corsair_K68_Akakage_03.jpg


Corsair_K68_Akakage_04.jpg


Corsair_K68_Akakage_05.jpg


Corsair_K68_Akakage_06.jpg


Corsair_K68_Akakage_07.jpg


Corsair_K68_Akakage_08.jpg
(via weibo)

標準的なフルサイズのキーレイアウト、Cherry MX赤軸のキースイッチ採用、レッドのキーバックライト搭載、専用メディアキー&Winロックキー搭載、IP32の防塵/防水性能、といった点は通常モデルと共通。”赤影”のデザインに関しては何かの作品をモチーフにしているわけではなく、オリジナルのイラストを起用している模様。レッド・ブラック・ホワイト・グレーを使い分けているカラーリングで、その外観はド派手の一言。フレームがペイントされたメカニカルキーボードは過去にいくつか存在しますが、パームレストまで手を加えているものは今までなかったような・・・そのパームレストが大きめなのでド派手さをさらに上げている印象。あと、Corsairは今までコラボやタイアップみたいなものを手がけていませんでしたから、こういう特別仕様と言えるモデルは新鮮味があり。製品が出回っている地域は今のところ中国のみで、”RED SHADOW”に名を変えて他国でも出回るかはまだ不明です。