Corsair 『K65 RGB MINI』 画像など ~ポーリングレート8000Hzが特徴の60%ゲーミングメカニカルキーボード

Corsair_K65_RGB_MINI_08.jpg


海外で発売されているCorsairのキーボード「K65 RGB MINI」。
K100 RGB」と同じくAXONハイパープロセシングテクノロジー採用を特徴としている60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード。画像は英語配列になっている海外版(日本版は日本語配列)ですが、ちょっと見てみます。

K65 RGB MINI 60% メカニカルゲーミングキーボード
https://www.corsair.com/ja/ja/p/CH-9194014-JP





Corsair_K65_RGB_MINI_09.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_10.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_11.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_12.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_13.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_14.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_15.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_16.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_17.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_18.jpg


Corsair_K65_RGB_MINI_19.jpg
(via weibo)

キーレイアウト:65キー日本語配列、キースイッチ:Cherry MX RGB(Speed/Red)、インターフェイス:USB Type-C、重量:850g、という仕様。標準的な60%レイアウト(※日本語配列の画像はまだ公開されておらず)、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、PBTダブルショットキーキャップ採用、多種多彩に備えたオンボードショートカット、ポーリングレート最大8000Hzを実現するAXONハイパープロセシングテクノロジー、フルNキーロールオーバー対応&100%アンチゴースト、プロファイルを最大50個保存できる8MBのオンボードストレージ内蔵、PCソフトウェア・iCUE、などが特徴。

実機を見ると特に変わった点はない標準的な60%レイアウトでケースの側面にメーカーロゴが刻印されており、キーキャップは良さげな品質でスペースバーのデザインが特徴的(短い一本線だけ入った交換用が付属)。物足りない点はスタンドがない事くらいで無難に仕上げている印象。8000Hzのポーリングレートに関してはキーボードだと前代未聞、つい最近まで1000Hzが普通でしたからいきなり8倍になってもピンとこないのが正直なところでしょうか。日本発売に関してはフライングで公開していたAmazonの販売ページがまた見れるようになっているので、今月中に動きがあるかもしれません。