CORSAIR、キューブ型でガラスパネルと木製パネルを組み合わせたピラーレスデザインのMicroATX PCケース『2500X』

CORSAIR_2500X_01.jpg


海外で見かけたCORSAIRのPCケース「2500X」。
Crystal 280X RGB」などキューブ型でデュアルチャンバー構造になっているPCケースをかつて出していたCORSAIRですが、その系統で新製品を出す模様。ガラスパネルがシームレスにつながったピラーレスデザイン、それだけでなく木製パネルも使っているのが特徴的です。

【公式サイト】PC Components | Gaming Gear | CORSAIR



CORSAIR_2500X_02.jpg


CORSAIR_2500X_03.jpg


CORSAIR_2500X_04.jpg


CORSAIR_2500X_05.jpg


CORSAIR_2500X_06.jpg
(via PCGamesN/Hardwareluxx)


対応マザーボード:MicroATX、デュアルチャンバー構造、MSI PROJECT ZEROなど背面コネクタのマザーボード対応、120mmファン最大9基搭載可能、シームレスにつながったピラーレスデザイン、フロント・トップにチークまたはウォールナットの木製パネル採用、公開されている主な仕様・特徴は以上。木製パネルの部分はスチールパネルも用意されていたようで、それぞれのモデルで発売するのかパネルがオプションになるのかは不明。発売時期は早い地域で2月末予定とのこと。

ピラーレスのガラスパネルと木製パネルの組み合わせは目新しさがある一方でケースデザインによっては微妙な見映えになりかねない気もしますが、木製パネルといえばタイプが違うけれどもFractal Designの「North」(AA)が大人気になっていますし、これはこれでウケそうな印象。また、他のメーカーも該当する製品をイベントに出展していたようですから木製パネルが今後のトレンドになりそうな気もしますね。