Cooler Master、日本発売が決まった組立式フラットパック&フルモジュラーデザインのPCケース『Qube 500 Flatpack』

Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_01.jpg


2024年2月に発売されるCooler MasterのPCケース「Qube 500 Flatpack」。
バラした状態でパッケージされている組立式フラットパック、カスタマイズ性が高いフルモジュラーデザイン、ガラスパネル&パンチングパネル採用、と今まで見た事がない要素もあるミドルタワーPCケース。海外では昨年の秋冬ごろに出回っていたものですが、日本での発売が決まったようです。

【公式サイト】QUBE 500 Flatpack Black & White Edition | Cooler Master 日本



Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_02.jpg


Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_03.jpg


Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_04.jpg


Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_05.jpg


Cooler_Master_QUBE_500_Flatpack_06.jpg
(via chiphell)


組立式にすることでパッケージのスリム化した組立式フラットパック、各パーツの着脱が可能でカスタマイズ性も高いフルモジュラーデザイン、左右入替れも可能な強化ガラスパネル&パンチングデザインのスチールパネル、コンパクトでもフルスペックを構成できる高い拡張性、ビルトイン垂直GPUブラケット、サイドラジエーターブラケット付属、ブラック・ホワイトの2色、サイズ:幅231x奥行き380x高さ381mm、主な仕様・特徴は以上。

価格は発売前の現時点だと16,000~17,000円で予約受付中。自分で組み立てるのが前提の実質DIYキットみたいなPCケースは自分の知る限りだと前例なし。また、パネルやフックパーツなど3Dプリンターで作成するオプションのデータが公開されているのもユニーク。存分に楽しむには相応の設備が必要ですが自分で組み立てたい作りたいって人にはこれ以上のものはないかもしれませんね。