Cooler Master、正式発表された改良版の有線モデルとなる約49gの小型ゲーミングマウス『MM712 Wired』

Cooler_Master_MM712_Wired_05.jpg


海外で見かけたCooler Masterのマウス「MM712 Wired」。
MM712」の有線版となるこのゲーミングマウスは昨年6月のイベントで出展されていましたが、半年以上の時を経てようやく正式に発表された模様。重量は約49gとワイヤレスのMM712より10gほど軽くなり、センサーはPAW3395で中央に配置されていたりと改良点がいくつかあります。

【公式サイト】MM712 Wired Gaming Mouse | Cooler Master



Cooler_Master_MM712_Wired_06.jpg


Cooler_Master_MM712_Wired_07.jpg


Cooler_Master_MM712_Wired_08.jpg
(via TechPowerUp/Techtesters)


メインボタンやサイドボタンを再設計した左右対称のソリッドシェル、PixArt PAW3395センサー採用、耐久性7000万回のオプティカルマイクロスイッチ採用、コミュニティからのフィードバックを参考にセンサー位置を中央に変更、再設計されたカーブエッジPTFEマウスフィート、リストレスト部のロゴラインにRGBライティング搭載、Ultraweaveケーブル採用、MasterPlus+ソフトウェア対応、サイズ:幅62.4x奥行き116.5x高さ38.3mm、重量:約49g、主な仕様・特徴は以上。

センサーはPAW3370→PAW3395に刷新され、センサー位置はフロント寄りから中央寄りに変わり、シェルの一部やソールは最適な形に再設計され、MM712ユーザーの要望をちゃんと形にした感があり。発売日・価格等はまだ不明ですが公式サイトに製品情報が公開されているならそう遠くないうちに発売されるのではないかと。また、同じく昨年6月のイベントで出展されてた当機のワイヤレス版と言える「MM712 Pro」も続報がそろそろあるかもしれませんね。