Cooler Master、スペック強化に加えてセンサー中央寄りになった約56gのワイヤレスゲーミングマウス『MM712 PRO』

Cooler_Master_MM712_PRO_01.jpg


海外で見かけたCooler Masterのマウス「MM712 PRO」。
2023年3月に発売された「MM712」の強化版と言えるワイヤレスゲーミングマウスが見本市のイベントにて展示されていた模様。参考出展の段階かもしれませんがスペックは色々と強化されていて賛否あったセンサーの位置は中央寄りになっています。

【公式サイト】COMPUTEX 2023 | Synergy Unleashed | Cooler Master News



Cooler_Master_MM712_PRO_02.jpg


Cooler_Master_MM712_PRO_03.jpg


Cooler_Master_MM712_PRO_04.jpg


Cooler_Master_MM712_PRO_05.jpg


Cooler_Master_MM712_PRO_06.jpg
(via Youtube)

イベント会場の情報を参考に判明している点は、PixArt PAW3395のセンサー採用(解像度:26000DPI)、耐久性7000万回の光学マイクロスイッチ採用、2.4GHz/Bluetooth 5.1/USB Type-Cのトライモード接続、専用ドングル使用でポーリングレート4000Hz対応(有線接続は8000Hz対応)、約56gの軽量ソリッドシェル、複数のカラーバリエーションあり、同スペックの有線モデルあり、など。

通常版のセンサーはPixArt PAW3370でポーリングレートは1000Hzで重量は約59gでしたから、そこは強化されたと言える要素。そして賛否両論・・・というか否の方が多かった印象のセンサー位置がフロント寄りから中央寄りに変更されているのは人によって一番の改良点になるのではないかと。発売日・価格等は一切触れられておらず後から仕様変更の可能性も少なからずあるので、とりあえず今は準備段階くらいに見ておいた方がいいと思います。