Cooler Master 『MM711 Metallic Blue Edition』 画像など ~メタリックブルーになった軽量ゲーミングマウス

Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_01.jpg


2020年8月に発売されるCooler Masterのマウス「MM711 Metallic Blue Edition」。
日本ではブラック・ホワイトの2色展開だったハニカムデザイン&RGB LED搭載の軽量ゲーミングマウスに新色のメタリックブルーが追加。基本部分は何も変わっておらず言わば単なる色違いのモデルですが、ちょっと見てみます。

Cooler Master 『MM711』 レビューチェック ~RGB LEDが追加されたハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス
https://watchmono.com/e/cooler-master-mm711-review-check





Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_02.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_03.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_04.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_05.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_06.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_07.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_08.jpg


Cooler_Master_MM711_Metallic_Blue_Edition_09.jpg
(via weibo)

前述のとおり基本部分は他のモデルと共通で、Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性2000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、耐水性コーティングが施された軽量ハニカムシェル、柔軟な素材で構成されたウルトラライトウィーブケーブル、PTFE採用のマウスソール、ホイール・ロゴにRGB LED搭載、32 bit ARM Cortex M0+プロセッサ・512KBオンボードメモリ内蔵、統合ソフトウェア・MasterPlus+対応、などが特徴。

この”Metallic Blue Edition”はメタリックと言ってもあくまでそういう塗装処理がされているだけでボディの素材はABS樹脂。でもブラックが主流であるゲーミングマウスでは異色と言えますし、ハニカムシェルとRGB LEDの相乗効果もあって見た目のインパクトは大。メタリックブルーのモデルはHK Gamingの「Mira-S」(AA)もあるので世界にただ一つというわけではありませんが、ここ最近まで見かけなかったカラーですからレア感がありますね。




Cooler Master
売り上げランキング: