Cooler Master、中華カラーになった軽量ゲーミングマウスの限定モデル『MM711 2020 Limited Edition』

Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_01.jpg


海外で見かけたCooler Masterのマウス「MM711 2020 Limited Edition」。
同社のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスといえば「MM710」が日本でも発売されて人気を得ていますが、そのLED搭載版となるM711の限定モデルが出る模様。中華カラーと言えるゴールド×レッドのカラーリングです。

【マウス】Cooler Master 『MM711』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-10473.html





Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_01.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_02.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_03.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_04.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_05.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_06.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_07.jpg


Cooler_Master_MM711_2020_Limited_Edition_08.jpg
(via bilibili)

Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性2000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、約60gの軽量ボディを実現したハニカムシェル、柔軟な素材のUltraweaveケーブル、PTFE製のマウスソール、2ゾーンにRGB LED搭載、といった点は通常モデルと共通というか違いはカラーリングのみ。そのカラーリングはボディがゴールドでボタン・ホイール・ケーブルがレッド。マウス本体だけでなくパッケージも実に中華圏の人が好みそうな縁起の良い色ですが、それゆえ販売は中国に限られるのではないかと。また、Cooler Masterがこういう限定モデルを出すのは今までなかったはずなので新展開とも言えるでしょうか。ところでこのカラーリングは何度も見た事あるような気がして記憶を捻り出してみると、そういえばアイアンマンのタイアップ製品でよく見かけましたね。




Cooler Master
売り上げランキング: