Cooler Master、現代に合わせて刷新された第2世代のミドルタワーPCケース『MasterBox MB600L V2』

Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_01.jpg


海外で見かけたCooler MasterのPCケース「MasterBox MB600L V2」。
2018年に発売されたミドルタワーPCケースの後継機でシリーズ第2世代となる”V2”モデル。同社の製品で最近よく見かけるフラットなフロントパネルや全面サイズの強化ガラスサイドパネルなど現代に合わせて刷新されています。

Cases | Cooler Master USA
https://www.coolermaster.com/us/en-us/catalog/cases/





Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_02.jpg


Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_03.jpg


Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_04.jpg


Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_05.jpg


Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_06.jpg


Cooler_Master_MasterBox_MB600L_V2_07.jpg
(via zfrontier)

ブラッシュ加工されたミニマリスティックデザインのフロントパネル、全面サイズの強化ガラスサイドパネル、通気口を設けたPSUカバー、ファン:最大6基搭載可能、水冷ラジエーター:最大280mm対応、ビデオカード:最長350mm対応、CPUクーラー:全高161mm対応、電源:ATX/最大160mm対応、現時点で公開されている主な仕様・特徴は以上。

初代のMB600Lは現在6,000円前後で販売されていて価格的にエントリークラス扱いされてもおかしくないようなものですが、この外観は一つも二つも上のクラスかと思えるくらい洗練された感があり。内部は価格相応かもしれないとはいえ価格次第ではエントリー~ミドルの良い選択肢になり得ると思います。