CHERRY XTRFY、MX2Aスイッチを採用したフルサイズのメカニカルゲーミングキーボード『CHERRY XTRFY MX 3.1』

CHERRY_XTRFY_MX_3-1_01.jpg


海外で見かけたCHERRY XTRFYのキーボード「CHERRY XTRFY MX 3.1」。
K5V2 COMPACT」に続くCHERRY MX2Aスイッチを採用したメカニカルゲーミングキーボードで、こちらは間隔を詰めたレイアウトになっているフルサイズのモデル。K5V2 COMPACTはXTRFY側の製品をベースにしていましたが、こちらはCHERRY側の色が強いものです。

【公式サイト】CHERRY XTRFY MX 3.1 BLACK – CHERRY XTRFY



CHERRY_XTRFY_MX_3-1_02.jpg


CHERRY_XTRFY_MX_3-1_03.jpg


CHERRY_XTRFY_MX_3-1_04.jpg


CHERRY_XTRFY_MX_3-1_05.jpg


CHERRY_XTRFY_MX_3-1_06.jpg


CHERRY_XTRFY_MX_3-1_07.jpg



間隔を詰めたレイアウトのフルサイズデザイン、潤滑済み・耐久性1億回のCHERRY MX2Aスイッチ採用、カスタマイズ可能なRGBバックライト搭載、ノイズの軽減やタイピングの向上を実現した制振構造、高品質のアルミニウムハウジング、CHERRY UTILITYソフトウェア対応、ブラック・ホワイト・ピンクの3色、主な仕様・特徴は以上。北米公式サイトの価格は129ドル。

このデザインはCHERRY側の既製品(ゲーミングキーボードではない)にありましたから、それをベースにゲーミングっぽくなるよう手を加えたのではないかと。CHERRY MX2Aスイッチが今のeスポーツシーンで需要あるとは思えませんし、「M64 PRO」など一緒に発表されたゲーミングマウスに比べたらイマイチに感じるでしょうか。キーボードの方はどうしてもCHERRY縛りがあるので今後も地味な展開になるかもしれません。