Bose、日本発売が決まったイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『Bose Ultra Open Earbuds』

Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_01.jpg


2024年3月に発売されるBoseのイヤホン「Bose Ultra Open Earbuds」。
調整の自由度が高いイヤーカフデザインになっている自身初のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン。コラボモデルの「Kith for Bose Ultra Open Earbuds」を先に発表していましたが通常モデルの方も続いて世界同時のタイミングで発表され、日本では3月5日に発売されるようです。

【公式サイト】Bose Ultra Open Earbuds



Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_02.jpg


Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_03.jpg


Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_04.jpg


Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_05.jpg


Bose_Ultra_Open_Earbuds_release_06.jpg
(via Youtube)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:aptX Adaptive対応、連続再生時間:最大7.5時間、充電時間:約1時間、防水性能:IPX4、耳をふさがないオープンイヤー型、ジョイント部分が柔軟かつ超軽量設計のイヤーカフデザイン、周りの音を取り入れながら豊かなサウンドを楽しめるOpenAudioテクノロジー、より臨場感のあるサウンドを実現するBoseイマーシブオーディオ(空間オーディオ)、最大48時間再生を可能とするバッテリーケース、Bose Musicアプリ対応、ブラック・スモークホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているAmazonだと現在39,600円、発売前日まで3,900円割引きクーポンがもらえるキャンペーンもあり。イヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホンといえばHUAWEIのイヤホン「FreeClip」(AD)が先に出ていますが、イヤホン自体が可動式になっているこちらの方が万人に合いそうな気がしますしコーデックは自社のスマートフォンでないと真価を発揮できそうにないFreeClipに対してこちらはaptX Adaptiveで汎用性も高いですから、競合機がまだ少ない事もあって同類の中では本命になるでしょうね。

【関連記事】『Bose Ultra Open Earbuds』レビューチェック ~音も装着感も高く評価されているイヤーカフタイプのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン