beyerdynamic 『CC XELENTO WL』 レビューチェック ~XELENTO用のBluetoothモジュールケーブル~

beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_01.jpg


2020年2月に発売されたbeyerdynamicのレシーバー「CC XELENTO WL」。
フラッグシップモデルのダイナミック型イヤホン「XELENTO REMOTE」の専用品と言えるBluetoothレシーバー/ケーブルで、「XELENTO WIRELESS」からイヤホンを省いた製品でもあり。ちょっとチェックしてみます。

CC XELENTO WL | 製品トップ | TASCAM (日本)
https://tascam.jp/jp/product/cc_xelento_wl/top



画像


beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_02b.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_03.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_04.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_05.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_06.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_07.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_08.jpg



beyerdynamic_CC_XELENTO_WL_09b.jpg


各所の反応


[#1]
beyerdynamic、XELENTOイヤフォンをワイヤレス化するケーブル。aptX HD対応
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1233473.html



[#2]
Xelentoのワイヤレスユニットようやく単体販売か



[#3]
小型単体レシーバーもここ1~2年で底上げしてきて
スマホレベルよりは一つ上の音出すのも出てきたし
レシーバーになるDAPも増えてきたし
Shureのやつもアンプ別乗せで正味で8時間以上使えるし
今となっては少し周回遅れな気がしないでもない
xelentoにチューニング合わせてるだろうからおかしな音はしないだろうし
単体か部品扱いで買えるならデザイン的にも欲しいけど



[#4]
Xelentoのユニットポチった
偽BTから卒業できるわ
デザイン微妙なんだけどね…



[#5]
>>#4
届いたらレポよろ
一時期XelentoをshureのBT2で聴いてたんだけどいまいちだったんだよなぁ
BT2は846で聴くとなかなか良かったので、やっぱチューニングって大事なのかなと
ということで純正のレシーバーに期待してる



[#6]
>>#5
昨日受け取って仕事帰りに聞いたけど、音質の違いはよく分かりません
有線とあんまり変わらない気がする
音切れは少ないように思う
今までデフォケーブルをearstudioに繋いでiPhone11proで聴いてた
そこからの変更

個人的には不満点の方が多い結果に…
音量が取れない。リモコン部分が思った以上に大きくて安っぽくかっこ悪い
有線と同じリモコンにして、BTはバッテリーのところに突っ込んでくれた方が良かった



[#7]
>>#6
写真で見る限りES100よりはおされな感じだけど質感が悪いのかね



[#8]
>>#7
しばらく聴いてみた感じ
以前の組み合わせより高音抑えられて低音濃くなったように思います
キラキラが薄れてちょっと寂しい
そのかわり?低くて気づいてなかった低音が見つかったりして
そこは好みの問題なのかな

質感は正直残念な感じです
まずバッテリーは本体とキャップの色味が違います
本体側についているシールとキャップは白っぽく浮いて見えます
リモコンは明かにプラスチック感があり、色味も青っぽい鉄色
これも表と裏で青味の濃さが違います

eイヤ通販で買ったので偽物ではないと思いますが、色々モヤモヤする出来栄えです
音も個人的に替えて良かったとは思わないので
短いケーブルを探してearstudioに戻るかもしれません…





通信方式:Bluetooth 4.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP/GAVDP、コーデック:aptXHD/aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約8時間、充電時間:約75分、コネクタ:MMCX、インターフェイス:MicroUSB、ケーブル長:38cm、重量:15g、という仕様。XELENTO REMOTEをワイヤレス化できるBluetoothレシーバー/ケーブルで、ケーブル間にインラインリモコンを搭載、ユニットにはクリップを装備。サウンドパーソナライゼーション機能搭載のMIYアプリが利用可能。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。XELENTOと組み合わせて使ってみると音は有線時と変わらない気がする、ただし「EarStudio ES100」(AA)あたりの高評価を得ているBluetoothレシーバーより優れているかと言えばそうでもない、XELENTOの有線ケーブルに比べるとリモコン部が大きくて安っぽい、純正品であり専用品であるが不満点は多い、といった内容。

イヤホンとセットになっているXELENTO WIRELESSが発表されたのは1年以上前で、レシーバーは当時のスペックのまま何も変わっていませんから古さが否めない部分(Bluetooth 4.2やMicroUSB)もあり。専用品にこだわらないのであれば他社のBluetoothレシーバーと組み合わせた方がいい気がしますし、これはもう出すのが遅かったの一言でしょうか。「CC XELENTO WL」は現在32,000円台の価格で販売されています。




ベイヤーダイナミック
売り上げランキング: 698