BenQ、IPSパネルのスタンダードモデルとなるMOBIUZブランドの23.8インチ/165Hzゲーミングモニター『EX240』

BenQ_EX240_01.jpg


海外で見かけたBenQの23.8インチ液晶モニター「EX240」。
MOBIUZブランドのスタンダードモデルといえばVAパネル採用のEX240Nが7月に発売されていますが、これはそのIPSパネル版と言えるもの。筐体のデザインはまったく同じでこちらもリフレッシュレート165Hzを特徴としています。

EX240 MOBIUZ 165Hz 1ms IPS 1080p Gaming Monitor | BenQ US
https://www.benq.com/en-us/monitor/gaming/ex240.html





BenQ_EX240_02.jpg


BenQ_EX240_03.jpg


BenQ_EX240_04.jpg
(via reddit)

画面サイズ:23.8インチ、パネル:IPS、解像度:1920x1080、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx2/DisplayPort、主な仕様は以上。リフレッシュレート165Hz、FreeSync Premium対応、Black eQualizer・Light Tunerなどのゲーム機能、圧倒的な没入感を実現するHDRiテクノロジー、独自のEye-Careテクノロジー、3つのサウンドモードを備えた2.5Wx2 treVoloスピーカー搭載、などが特徴。

EX240Nとの違いは液晶パネルだけではなくHDMI端子が2つだったりUSBハブが備わっていたりとインターフェイスはこちらの方が豊富。価格は情報が出ている米国だと239.99ドル、EX240Nが199.99ドルなので仮に日本でも発売されるとしたらEX240Nより若干高い価格になるのではないかと。ちなみにIPSパネルを採用した同ブランドの24.5インチモデル「EX2510S」(AA)は259.99ドルなので、普通に売るならそれよりかは少し安くなるはずです。




ベンキュージャパン
売り上げランキング:148